ASKAさんのブログが「近未来小説」、「まるでサイバーパンク」と話題に

ASKA

過去覚せい剤所持容疑で逮捕された歌手のASKAさんが更新したブログが近未来小説さながらの内容でネットで話題になっています。そのブログは『さぁて!! 』というタイトルで4000文字を超える大作となりました。

ASKAさんのブログによれば長年のハッカー集団との戦いと頭脳戦を書き下し、うそのような本当のような話として書かれておりその文章があまりにも読者の心を引き込むと話題になっています。

その内容を要約すると、

「自分のパソコンでありながら、他人に乗っ取られ、裏から操作されている」と衝撃の告白から切り出された話はハッカー集団とASKAさんとのサイバーバトルに発展します。

ASKAさんは5月の終わりからハッキング集団の遺したログを収集していたそうなのですが、それに気がついたハッカー集団が裏からASKAさんのパソコンへハッキングを仕掛け、パソコンに残っている証拠を全部削除してしまったといいます。

ハッカーの隠蔽工作に気がついたASKAさんは自身のパソコンの通常ではアクセスできない領域を探り、そこにあったファイルを試行錯誤のうえ開封したそうなのですが、そこには「世界がひっくり返る」ほどの衝撃の内容が記されていたそうです。

しかし、さらに追い打ちをかけるようにハッカーからのサイバー攻撃を受けたASKAさんは収集した「世界がひっくり返る」ような内容のデータも含めパソコンすべての記録を消去されてしまいます。絶体絶命のピンチ可と思いきや、

「ここまでを見ると、結果、彼たちの勝利と映りますが、こんなことを10年以上されて来ているのです。少しは、学習しています。データは、もうひとつ別に保管してあります」

ASKAさんはハリウッド映画ばりのどんでん返しをします。ハッカー集団に対して、ASKAさんは「いやぁ、苦しませられたもんだ。君たちの背景となった、今や国を動かしている◯◯は、おそらくここで君たちと手を切る。気がつきなよ。大逆転をされてしまったのは、君たちなんだよ」とメッセージを送りました。

死人が出るような内容だそうなので、入手した情報を公開するかしないかは迷っていると締めくくり、最後にASKAさんは

「f7451458296375」

という意味深な謎の暗号を残しています。フィクションが含まれている小説なのか?はたまた事実なのかはASKAさんしか知りませんが、ネットではASKAさんのブログを読んだ人から、

・「まるでサイバーパンク小説」
・「面白くて読みふけってしまった」
・「この人の文章、読ませるんだよなあ」

と大好評の嵐でした。2016年に覚醒剤所持容疑で逮捕されているだけあって、ファンの中にはASKAさんの体調を心配するこえもあり、ブログについては心配する声も出ています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする