9月1日から飛行機の電子機器の使用が規制緩和される

一部の航空機では、“航空機外の通信設備に無線通信しない状態”にした電子機器(機内モードのスマホやタブレットなど)や作動時に通信用の電波を発射しない電子機器(ヘッドホンやカメラ類など)の使用制限がなくなります。また、“機内の電子機器同士で無線通信を行なう”電子機器の使用は“航空機外の通信設備に無線通信しない状態”でなら可能なので、機内モードに設定したうえで個別にBluetoothやWiFiをオンにし、Bluetoothヘッドホンや機内WiFiなどが使えることになります。

Yahoo!ニュースから抜粋した記事です。9月からいよいよ飛行機内での電子機器の使用が規制緩和されるようですね。これは嬉しい。飛行機の中で「飛行機なう!」ができちゃうかもしれませんね。

そもそも、飛行機の中でスマホや携帯電話が使用できない利用は知っていますか?「航空機の計器類」に影響が出る”可能性”があるから。実はこの”可能性”というのに科学的な根拠はにないそうです。

「スマホやケータイから電波が飛んで飛行機の計器に、もしも影響したら困るな」

この理由だけで一切根拠の無いまま、数十年飛行機の中では電子機器の使用が制限されてきました。

あなたのスマホをPCの横においてマイクロソフトExcelの計算が狂ったことはあるでしょうか?

おそらく、電子機器の発する微弱な電磁波なんかでコンピュータや計器に影響は出ないのです。航空機内でケータイやPCをネットにつないで使いたい派の私にとってはいらだちでしかありませんでした!

しかし、事故ったら人が死ぬかもしれない航空機ですから保守的に運用された方がいいのかもしれませんね。笑

うん、多分世論はそうなんでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする