Youtuberヒカルの伝説!【年収は?本名は?彼女は?】

Rapture 20160523185418

ユーチューバーの中でも人気や年収で日本国内で5本の指に入るのがゲームユーチューバーのヒカルさんです。ヒカルさんはもとは工場勤務などをしていたそうですが、ネットビジネスで成功して、次の一手としてユーチューブチャンネルを開設、それが爆発的な人気を誇り大成功した人物なのです。今日はそんなヒカル伝説を語ろうと思います。

生い立ち

もともとは貧しい家庭で育ったヒカルさんでしたが、特技は小学校の先生を論破することだったそうで、口のうまさは天性のものだったようです。

好きなものは漫画とゲームで、今ヒカルゲームズで一緒に仕事をすることになるりょうまさんと「大乱闘スマッシュブラザーズ」というゲームで日々対戦をして腕を鍛えていたといいます。

高校でパチンコに一時ハマるも、ゲームや彼女などなど青春街道を突っ走ったヒカルさんでした。高校を卒業後は工場勤務をはじめますが、この時代が暗黒時代だったそうです。

工場でなんのためにやっているのかわからないような仕事を永遠を続けることに恐怖を抱き、やりがいも見いだせず、上司とぶつかって半年で退社してしまいます。

ヒカルさん自身、この時のことを振り返って、「あの時が一番つまらなかった」と言っています。

その後転機が訪れます、りょうまさんのお兄さんの会社で働き始めるのです。当時1日15時間働いたと言います。そして、ヤフオクでのビジネスで頭角をあらわしたヒカルさんは、りょうま兄から営業職ができたらなんでもできると言われ営業の仕事をはじめます。

営業で入った会社でもバリバリ働き、一気に社内No1営業まで上り詰めます。

しかし、そこでおごってしまったヒカルさん、仕事をまともにやらずにキャバクラ通いを続け、悪い人に捕まって800万円もの借金を背負ってしまいました。そして2年間付き合っていたヒカルさんの彼女とも別れてしまったと言います。お金を失い、彼女とも別れてしまうという事態。

人生の転落。そんな言葉がヒカルさんの脳裏によぎりましたが、ヒカルさんは諦めませんでした。ヤフオク時代の経験を元にしてインターネットでのビジネスをはじめるのです。アフィリエイトビジネスでした。1日15時間、以前のようにがっつり働きアフィリエイトサイトの構築をしました。

しかし、2ヶ月後の収入はわずか2000円。普通の人ならここで諦めてしまいますが、ヒカルさんは半年は絶対にあきらめないと心にきめていたのでその後もアフィリエイトの仕事を続けます。

すると3ヶ月後に15万円の利益を叩き出し、4ヶ月後に月収100万円、5ヶ月後には月収200万円を達成したそうです。本当に稼いだのか?と思う人もいるかもしれませんが、ヒカルさんのアフィリエイト口座でこの時のお金が振り込まれた証拠写真をみたという受講生がいることから本当と思われます。

そして、アフィリエイトで得た利益を元手に「進撃のアナザーワールド」という企画を生み出し、これがヒット!月収は一時2000万円を越えたこともあるといいます。

そんなヒカルさんは次なる一手としてYoutubeを選びました。ヒカルゲームズというチャンネルを立て、本名の前田圭太という名前を伏せ、ヒカルという名前でゲーム実況をはじめます。

それまでに高額な年収を叩き出していたヒカルさんなので、潤沢な資金を使ってパワプロに5万円を課金するなどの他のYoutuberができないようなゲームプレイをしてチャンネル登録者数は一気に1万人まで増えました。その後も順調に妖怪ウォッチなどの実況で登録者の心をつかみチャンネル登録者が3万人を超える頃には実況のみの今のヒカルゲームズが誕生していました。

そして、ヒカルさんにも春が訪れます。新しい恋人ができたのです。ヒカルさんの新しい彼女は同じユーチューバーのちゅうにーではないかと言われています。実況チャンネルのキャラクターにちゅうにーの名前があるからです。

ヒカルさんの年収は推定3000万円と言われています。下手な会社の社長よりももらっていますね。

「俺は日本一のユーチューバーになる!」と公言しているヒカルさんの今後が楽しみですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする