【保存版】Youtuberの年収ランキング2016年

スクリーンショット 2017 05 29 19 00 00

小学生が将来就きたい職業でも上位にランクインするユーチューバーですが、かなりの金額を稼いでいるという噂が流れていますので、実際にYoutuberのトップ層はどのくらいの収入があるのかをまとめてみました。

1位ヒカキン

HIKAKIN yutuber推定:1億3,000万円

ユーチューバーのさきがけ的存在として、マルチな才能を発揮しているヒカキンさんは推定年収が億を越えます。普通に働くのがばからしくなる年収ですね!
  

2位はじめしゃちょー

20161212201150
推定:9,600万円

イケメンでトークも動画編集もうまい、Youtuberはじめしゃちょーが2位にランクインしました。惜しくも億は越えませんでしたが、その金額は個人としては高収入になります。最近、木下ゆうかさんたちとの3股騒動で炎上したばかりですが、彼の人気はとまらないでしょう。2017年には1億ごえかな??
  

3位ピコ太郎

Piko

推定:8,500万円

2016年を代表するユーチューバーですね。ペンパイナッポーアッポーペンの動画が大半の収入を占めると思います。日本だけでなく、海外でも爆発的なヒットになりCDデビューまで果たしましたからね。他のユーチューバーとは毛色が違いますが、すばらしい実績です。新人にしていきなりの3位にランクインしたピコ太郎でした!
  

4位KAN &AKI CHANNEL

推定:7,700万円
子供向け、ユーチューバーとして有名ですね。KANとAKIが毎日遊んだり商品を使ったりする動画です。
  

5位AAAJoken

推定7,300万円
5位まで来てもまだ7,000万円台です。ユーチューバーの年収ってすげえ・・・サラリーマンの生涯年収が2億〜3億と言われいますから、3年くらいユーチューバーのトップはったら一生遊んで暮らせますね。夢あるなー。
  

6位ヒカル

推定:6,300万円
6位に入ったのがヒカルさん。彼の動画を見れば一目瞭然なのですが、そんなに特別おもしろくもない。やっていることもゲームの話なんかが多かったりして特別な才能は必要ねーなって思います。ホリエモンが最近『多動力』っていう本をだしましたが、とにかく行動できる人が勝てる時代なのです。



  

7位マックスむらい

推定:5,700万円
ゲーム実況で大人気となったマックスむらいさん。AppBankという会社まで立ち上げてノリにノッているように思われていましたが、会社がグレーな事業を行っていたり、社員に常識がなかったりして度々炎上していました。昨年はAppBankからiPhoneケースを発売するもこれが他社の製品の盗用だったことがわかり謝罪しています。もうこの会社はダメでしょうね。

  
今日はYoutuberの年収をまとめて公開してみました。へたな中小企業の社長より年収が高いことが明らかになり、ちょっと驚きました。7位の年収5,000万円って100名規模くらいの会社の社長クラスな気がします。これは小学生の将来の夢がYoutuberになるのもうなずけます。下手な野球選手になるよりも儲かりますからね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする