騙されるな!MUSGコインは仮想通貨じゃない

三菱東京UFJ銀行は、独自に開発中の仮想通貨「MUFGコイン」を来秋、広く一般の利用者向けに発行する。ITを活用した金融サービス「フィンテック」の一環で、大手行が仮想通貨を一般向けに発行するのは世界で初めて。利用者同士が手軽にやり取りをしたり、割安な手数料で外貨に交換したりできる。信用力が高いメガバンクの本格参入で、仮想通貨の裾野が広がりそうだ。http://www.asahi.com/articles/ASJ69566CJ69UHBI00V.html

今日のニュースで三菱東京UFJが独自の”仮想通貨”「MUFGコイン」を発行するという発表があり、ついに日本の大手銀行も仮想通貨を導入するのか?みたいな話になっているけれど、日本のメディアのリテラシーの低さに愕然とする。言っておくが「MUFGコイン」は仮想通貨じゃない。

MUFGコイン発行の衝撃度の考察ーインパクトはどこにあるのか?

仮想通貨が革新的なのはブロックチェーンという技術を使って、中央管理機関を置かなくても通貨の取引ができる点にある。しかも、仮想通貨の総量はあらかじめ決まっているので価値がいきなり下がるという危険性がないという特徴もある。

そして、今回の「MUFGコイン」はどうかというと「1円=1コイン」とカウントするという。この時点で基軸になっているのが「日銀という中央管理機関が扱う日本円」になるので仮想通貨でもなんでもないSuicaのチャージと同じなのだ。これは今世間一般を賑わせている確信的な仮想通貨ではない。

なので、みんなダマされないようにしよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする