アキラ100%が桂歌丸の裸芸批判にコメント!

アキラ100

裸芸でおなじみのアキラ100%さんがabemaTV 『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(AbemaSPECIAL 毎週水曜 後11:00~深1:00)に出演して、落語家の桂歌丸さんにアキラ100%の得意とする裸芸を批判されたことに対してコメントしました。

桂歌丸が批判

ことの発端は桂歌丸さんがアキラ100%さんの芸風に苦言を呈したことでした。

17日に行われた日本テレビ系『笑点』(毎週日曜 後5:30)の前番組『もう笑点』(毎週日曜 午後5:25~)の収録後の囲み取材で、歌丸は「言っちゃ失礼ですけど、裸でお盆持って出てきて何が芸なんですか。私は違うと思うな。ああいうのを見て、面白いな、うまいなと思われちゃ困る。やっぱり日本の言葉を使って笑いを取るのが芸人であり、我々、噺家だと思いますよね」

と、ばっさりアキラ100%の芸風を批判した上でテレビ局にも責任があるという風に発言していました。

アキラ100%のコメント

「僕も一昨年に初めてテレビに出していただいた時に、マネージャーに『本当にテレビに出られるんですか?』と聞いてしまったので、今の歌丸師匠もそういう気持ちなんだと思います」とアキラ100%自身自分の芸風が本当にテレビでできるのかどうか不安していたことを打ち明けました。

BPOからも2ヶ月連続で指摘が入っているそうです。FUJIWARAに白髪が多いことを指摘されたアキラ100%は「ここ半年くらいで白髪がものすごく増えまして…年末くらいには真っ白になるんじゃないかと思っています」と精神疲れからか白髪が多くなったことを告白しました。ピン芸人のウエスPが、アキラを上回る裸芸「裸のテーブルクロス引き」を披露すると、藤本が「見たかー歌丸師匠!これが日本の文化やー!」と雄叫びを上げていました。

アキラ100%さんが今後裸芸を貫くのか、別の芸風にピポッドして進化するのか。今から楽しみですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする