松居一代の恐怖ブログ「爪切りは持ち歩くべきね」一体どういう意味なのか!?

スクリーンショット 2017 06 29 17 06 52

女優の松居一代さんのブログが世の中を騒がしています。というのも、精神状態がヤバイ!?松居一代の「恐怖の告白」が各所で物議をまきおこしている!でも紹介しましたが、松居一代さんがブログで自殺を匂わせるような記述をしたり、何者かに追われていたり、車で崖まで500キロも逃げたりと。通常ではありえないようなまるでサスペンスのような記事を投稿したからです。

この「恐怖の告白」というタイトルの松居一代さんのブログにはアクセスが集中。芸能界でも松居一代さんの精神状態を心配する声が室井さんや、安藤優子さん、国分太一さんといった松居一代さんをよく知る人物からあがるなど世間を騒然とさせています。

そんな中松居一代さんがブログを更新。その内容がまた不可解なので、ネットを中心に「松居一代、ダイジョブか!?」という声が上がっています。

そのブログ内容とは、「爪切りは持ち歩くべきね」というタイトルのブログ記事。松井一代さんが以前にお母様と銭湯へ行った時に爪が伸びており、リューマチで腰が曲がらないお母様のために爪を切ってあげたら大喜びしたので、それから「爪切りをいつでも携帯している」というくだりではじまります。

「そして、そうしたらね点点点
大田区の460円の銭湯へ行った時の話

隣で髪を洗っていた
おばあさんが・・・
洗いぬくそうだったので
あたしがシャンプーしてあげたの

その昔
あたし、な、なんと美容院で
アルバイトをしていたのよ
だから・・シャンプーお得意なの

その時に
ふと!! 点目
その、おばあさんの足の指をみたら

かわいそうに 爪が長くなりすぎて
足の裏側まで
爪がまわっていたの」

松居一代さん、銭湯いくんだ。というところもツッコミどころなのですが、この爪が伸び切ったおばあさんの爪の写真をアップしておばあさんの爪を切ってあげたことを書き綴っていました。

結局、爪切りでは切ることができず、ハサミでおばあさんにケガをさせないようになんとか切ってあげるとおばあさんはとても喜んだという内容なのですが、

結局、爪切り使ってねえじゃん!というツッコミが入りそうな内容です。

不可解なブログ記事が続いていることでインターネット上では松居一代さんの精神状態をさらに心配する声があがり、この「爪切りは持ち歩くべきね」の記事は何か真実を伝えるための暗号なのではないかという声も上がるほどです。

松居一代さんの精神状態が不安定なような気がしますが、心配ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする