海老蔵「ブログ更新しすぎ・・・」小林麻央さんの死去後も変わらず

Sirabee20170623ebizou5 1 600x400

6月22日に妻でフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)を亡くした市川海老蔵さんに批判が相次いでいます。

その理由はブログです。市川海老蔵さんはブログを頻繁に更新することで有名ですが、その更新頻度が小林麻央さんが亡くなったあとも変わらないことが”不謹慎”と捉えられて批判の的になっているようです。

市川海老蔵さんはブログの中で、

「私は今こころの頼りは こうしてブログでも 皆様も繋がっている事も 私の支えになっています。ありがとうございます。更新しすぎという意見もあるとか、確かにその通りです。が、ごめんなさい」として、自身にとってのブログの存在をこうつづった。

「御理解してくださいとは言いません。居ても立っても居られないとき、私はブログが1つの支えになってます。皆様のコメントや こころの在りようを表す事で少しだけ 気を取り戻せるような気もするのです」

その上で「お許しくださいね。人それぞれですから、私は私のやり方で許してください」と訴えている。

と、批判を受けた上で、ブログの更新は続けるか前で世間一般には理解を求めました。市川海老蔵さんがブログを更新しつづけるのは不謹慎なことでもなんでもなく、個人の自由ですしやり場のない気持ちを解消するための手段だとしたら、むしろ今はブログで書きたいことを書いて気持ちを整理した方が良いでしょう。

市川海老蔵さんの擁護派の人の意見としては、

「この人に特別な感情は無いが、妻をガンで亡くしたばかりの人に優しく出来ないような奴は人としてどうかしてると思う。」

「自分の意見押し付ける人多いですね。海老蔵さんには文字にして心を落ち着かせようとしているかもしれないのに…。人それぞれ。別にいいじゃないですか。」

何事にも文句つける人はいるんだなぁと。
人のブログは気に入らないなら、見なかったらいいだけ。
更新内容をそのままネット記事にするのも問題ではあると思う。
私はむしろ更新してくれた方がホッとする。
気持ちを外に出さないと、溜め込んでも後ろ向きになるだけ。」

などの意見が出ています。世の中が揚げ足取りでギスギスしているのは薄々感じていましたが小林麻央さんのような素晴らしい奥さんを失って失意のどんぞこにいる人に対して批判するのを見ていると日本落ちたな。と思ってしまいますね。もうちょっとインターネットでも配慮する人が増えることを望みます!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする