ヒットするiPhoneアプリの作り方・売り方・育て方|レビュー

ヒットするiPhoneアプリの作り方・売り方・育て方を読みました。iPhoneアプリの企画の仕方から始まり、リジェクト(Appleによる審査)について、受発注の仕方、マネタイズ、運営についてという内容が主となってました。

ネイティブアプリをこれから作る人、アプリの受託開発をこれから行う人にとってアプリ開発の全体感が体系的につかめる本だと思います。

個人的に参考になったのはマネタイズの仕方でした。

アプリ開発のマネタイズにはいくつか方法があって、ほとんどはWEBメディアと同じなのですが、リワード広告の出稿はWEBにはあまりない(ポイントサイトが近いかもしれない)方法です。

アプリの中でユーザーが他のアプリなどをダウンロードするとアプリ内で使えるポイントやコインなどの何かしらの報酬(リワード)をもらえる仕組みがリワード広告です。

ユーザーとして使っているとあまり気にしないのですが、しっかりアプリの収入源になっているんですね。

アプリの開発は深いです。アプリ開発の体系的な知識はこれからs勉強を進めて学んでいこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする