『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!! 』iOS/Android向けに移植版が発売決定!

半熟英雄

スクウェア・エニックスは、iOS/Android向けゲームアプリ『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!! 』を2017年秋に配信します。

25年前の名作に、なんと完全新作の噂も…!?

本作は、1992年12月19日に発売されたスーパーファミコン向けソフトをスマートデバイス向けに移植したものです。ストーリーは、コメディタッチで描かれており、スクウェア作品のパロディをふんだんに使った演出が当時のゲームユーザーから評価されていました。

このゲームアプリ版の発表と同時に、同社とDLEによるスペシャルコラボPVが公開。この映像では、本作の登場人物であるエッグヒーローと王子が、スクウェア作品のパロディネタを織り交ぜつつ本作の魅力を紹介しながら、コミック化の告知、エッグモンスターのデザインの募集をはじめとした新展開を発表しています。なお、この2人の声を演じたのは、ゲーム好きで知られる声優の杉田智和氏と中村悠一氏のコンビです。

このゲームの売り上げが好調ならフルCG映画や完全新作の制作が決定するのだとか……。やや眉唾物ですが、ファンとしては期待したいところですね。

『半熟英雄 ああ、世界よ半熟なれ…!! 』は、買い切りタイプの予定。価格は未定です。

CATANAインサイト

いよいよ、スクエニもスマホ移植版のゲームに本気を出してきた感がありますね。

今までもFFシリーズをスマホに移植して売切り販売などをしてきましたが、スクエニさんにはもっと旧タイトルで面白いものがたくさんあります。

スクエニの古いゲーム、特にファミコンやスーファミ世代のゲームをやったことがない10代、20代の人は多いのではないでしょうか!

一周回って新しいというか、今までスクエニのゲームに触れてきてなかったユーザーに移植版でアプローチするのはうまいマーケティング手法だと思います。

移植版なら安い価格で販売しても採算が取れやすいでしょうし、アドバルーン的な効果も期待できます。つまりスクエニの移植版でスクエニのラインナップを知って、もっと他のゲームも買ってみようと考えるユーザーが出て来るでしょう。

最近はFF7などのリメイクなどで少し話題になっているスクエニですが、FF全盛期の頃と比べると元気がない感じがします。ていうか大企業化しすぎやでwww

もっとフットワーク軽く、バンバンゲームを作ってスクエニが元気だった頃みたいになってほしいものですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする