【ヤバイ大事故】反対車線から飛び出した車が観光バスと衝突。1名死亡45名重軽傷

スクリーンショット 2017 06 10 14 42 02

10日午前、愛知県新城市の東名高速道路上りで、観光バスと乗用車が衝突する事故があった。乗用車の運転手の男性が死亡、ケガ人は45人にのぼるという。

観光バスに設置されたドライブレコーダーの映像に、事故当時の様子が記録されていた。高速道路の反対車線から、車が中央分離帯を乗り越え、空中を飛びながらフロントガラスに激しく衝突する様子が映されている。バス車内を映した別のドライブレコーダーからは、運転手がハンドルを切った直後に衝突、バスのフロントガラスが粉々に割れている様子がわかる。

警察と消防によると、事故があったのは10日午前7時半ごろ。新城市富岡の東名高速道路上りで、乗用車と観光バスが衝突した。

観光バスの乗客「(事故の)瞬間、下を向いていたんですよ。その時どーんと大きい音がして、なにが起こったかわからなくて、ガラスの破片が雨みたいに全部降ってきて、体中にガラスが当たるのが痛くて口の中にも入っちゃったから口の中も切った」「みんなきゃーきゃーいっていて、なんとか無事を祈った。車が止まって前を見たら、血だらけの方がいっぱいだったもんですから…」

事故は、下り車線を走っていた車が中央分離帯を乗り越え、上り車線に飛び出し、バスに衝突したことが原因で起きたとみられている。

事故の連絡を受けたバス会社の社長「(乗用車が)対向車線から飛んできて、乗用車がバスに直撃したということしかわからない」「うちは走行車線を走っていただけ、わかった時はもう視野に入った状態」

観光バスに乗っていたのは乗客・乗員計47人で、45人が重軽傷を負って、豊川市内などの病院で手当てを受けているという。車の運転手の男性は、大破した車の中に閉じ込められ、事故から約4時間後に救出されたが、その場で死亡が確認された。

観光バスは愛知県豊川市内の旅行会社「トラベル東海」が企画した日帰りツアーで、山梨県南アルプス市でさくらんぼ狩りなどが予定されていた。この事故の影響で、東名高速の豊川ICから三ヶ日JCTまでの上下線で約5時間にわたり通行止めになった。

CATANAインサイト

動画で事故当時の観光バスについたドライブレコーダーの映像が出回っていますが、ハリウッド映画のように信じられない光景が写っています。

反対車線から何らかの影響でクラッシュした普通自動車が宙を待って反対車線へ飛び出してそのまま観光バスのフロントガラスに激突しているのです。

100%乗用車が悪い事故ではありますが、観光バスとニュースで大々的に取り上げられていて観光バス会社が影響を受けそうです。

何年か前も観光バスの事故が大きく報道され、観光バス業界が大打撃を受けたことがありますが、今回の事故が貸切バスや観光バスの会社に深刻な影響を及ぼさないことを祈るばかりです。

また、こういった映像を見ていると昨今研究開発が進み、アメリカを中心に実用化が現実味を帯びてきている自動運転車に期待が集まりそうです。

自動車による交通事故の原因のほとんどがヒューマンエラーでしょう。99%がそうだと思います。

人工知能AIやディープラーニングの技術を使って、事故の起こらない自動運転車が完成すれば、どれだけ自動車に乗っても事故のリスクを考えなくて済みます。

技術革新と政府も巻き込んだ早期の導入を期待します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする