21年ぶり!T-BOLANが新曲発表

スクリーンショット 2017 05 29 18 15 27

4人組ロックバンド、T-BOLANが21年ぶりに新曲を制作することが30日、分かった。8月16日発売のベスト盤「T-BOLAN~夏の終わりにBEST~LOVE SONGS+1&LIFE SONGS」に収録される。

1991年にデビューした彼らは、「離したくはない」「マリア」などヒット曲を連発。しかし、ボーカルの森友嵐士(51)が心因性発声障害となり95年から活動休止状態に。のどの復調が見込めず、99年12月に解散した。

それぞれ別の道を歩んでいたが、森友ののどが完治し、2012年に再結成。99年にできなかった解散ライブを14年4月に行い、「やりきった」と再び活動を休止した。

しかし、15年3月にベースの上野博文(51)がくも膜下出血で倒れ、高次脳機能障害を発症。家族の献身的な看病もあり約1年で退院した際、「ステージに立ちたい」という上野の思いに応え、昨年大みそかにカウントダウンライブを開催。そこで4人は「2017年、再始動します」と宣言していた。

言葉通り、8月にアルバムを発売し、21年ぶりの新曲を収録。代表曲「離したくはない」をほうふつさせるラブバラード(タイトル未定)だ。9月に東名阪をまわるツアーの開催も決定。上野は日常生活を送れるまでに回復したが、体調を考慮して、ステージでは数曲を演奏する予定。

森友は「上野の奇跡の復活が、改めてバンドという一つの家族の意味を引き寄せてくれた」と感慨深げ。「みんなの笑顔に会えるのを楽しみにしてるよ」と再始動に胸を高鳴らせている。

CATANAインサイト

90年台に大人気だったバンドの復活です。近年はこのパターンも珍しくなくなくなりましたが、往年のファンに取ってはうれしい限りなのではないでしょうか。

90年台に解散して、2000年台以降で復活したバンドはX JAPAN、ルナシーなどが有名ですが、昔のファンだけでなく、新世代のファンも獲得して好調な活動をしているだけに今回のT-BOLANの復活にも注目が集まります。

近年アーティストはCDが売れないため、ライブやイベントでの収益がメインとなる傾向にあるそうです。T-BOLANも新曲発表のあとは精力的にライブやイベントを開催していくと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする