パンサー向井痴漢えん罪になりかけた過去

スクリーンショット 2017 05 29 18 15 27

お笑いトリオ、パンサーの向井慧(31)が、過去に巻き込まれた痴漢冤罪(えんざい)騒動について語った。

30日放送のTBS系「ビビット!」は、急増している痴漢トラブルを取り上げた。過去にトラブルに巻き込まれた向井はVTR出演し、その体験を語った。

当時、向井は渋谷の劇場に出演するために電車移動中で、芸人仲間数人で並んでシートに座っていたが、端に座っていた向井に、隣の女性が「お前、触ってんだよ!」と怒鳴りつけてきたという。

向井は身に覚えがなかったものの、服が当たったのかと思い「もし当たってたならすみません」と謝ったが、女性は「いや、お前痴漢だろ!次の駅で降りろ!駅長室に行く」とその後も執拗(しつよう)に迫ってきたという。

向井は先輩芸人から「お前、これ行ったら勾留されるぞ。行った時点で、お前がやってようがいまいが、お前そこで勾留されて渋谷の仕事行けなくなるぞ」と忠告され、女性に同行することを拒み続け、最終的には乗り合わせた乗客が、向井の潔白を駆け付けた駅員に証言したため事なきを得たと語った。

VTRを観終えたTOKIOの国分太一は「痴漢はほんとに絶対に良くないことですけど、この冤罪っていうのも困りますよね、男性からしたら」とコメントした。

CATANAインサイト

パンサー向井さんの話は男性にとっては他人事ではないはずです。僕も昔、かなり酔っ払った状態で満員電車に乗っていた時に身動き取れない状態で女性の方に自分の胸が当たっており、酔っ払っているため心拍数高めだったからでしょうか?「やめてください」と言われた時にはなんか、悲しかったですね。

自分がそのつもりがなくても日本の混雑した電車のなかで多少体が当たってしまうこととかはあると思います。

もちろん、電車で痴漢行為をはたらいている人は許せないです。その人たちをちゃんと処罰すると同時に痴漢冤罪がなくなるように社会的な対策をとらなければ行けないタイミングかもしれません。例えば電車内の混雑緩和のためにせめて朝の始業時間をフレキシブルにするとか、電車を2階建てにして男女わけるとか。いくらでも工夫次第で痴漢の冤罪対策はできそうな気がしています。

痴漢冤罪ばかりにフォーカスされて本当の痴漢被害女性が声を出せない状況は防がなければいけませんから難しい問題です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする