「クラウドワークス」個人×オフショア開発は可能なのか|IT副業

クラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングビジネスに最近ちょっと興味があります。

個人事業主になって、WEBデザインやシステム開発を請け負っている人が多いようですが、これって個人でやるよりもアジア圏の人とつながりをもって個人オフショア開発みたいな事ができないでしょうか。

例えば、50万円のWEB制作案件を獲得して、アジアの協力WEBデザイナーに10万円でお願いっと振ってしまうと。ワイヤー制作は日本語だし、デザイン感覚もアジア人のレベルはそんなに高くは無いと思いますが、格安でサイトが作れるなら雇用主もあんまり文句は言わないだろうと思ってしまうのは甘いですかね。

とにかく最近ランサーズを筆頭にクラウドソーシングビジネスが熱い展開になってきていて、おそらくこれから収益はバンバンあがってくるでしょう。

そしてフリーランサーになる垣根はぐっと低くなる。ITを使えば世界中どこにいたって副業ができてしまう(ここまで言うともはや本業でしょうか)という時代に突入しているような気がします。

PC一台あってチャットワークができれば仕事が成り立つなんて、なんていい時代なんでしょう。日本の東京だけにとどまっている意味はどんどん薄れていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする