北朝鮮の弾道ミサイル発射を「強く糾弾」 韓国政府が声明

スクリーンショット 2017 05 29 7 33 50

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は29日、北朝鮮による同日の弾道ミサイル発射を「強く糾弾する」とする外交部報道官声明を発表した。

 声明は、北朝鮮の弾道ミサイル発射は「国連安全保障理事会決議の明白な違反であり、朝鮮半島はもちろん国際平和と安全に対する深刻な脅威だ」と非難。今年に入り9回目の弾道ミサイル発射だったことを指摘した上で、「北は一切の挑発を即座に中断し、速やかに非核化の道に出てくるべきだ」と促した。

 また「政府は北のいかなる挑発も決して容認せず、断固として対応していく」とし、「堅固な韓米同盟を基盤にした万全の備えを維持し、韓国の安全と国民の生命を守る」と表明した。

 韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮はこの日早朝、南東部の江原道・元山付近から東の方向に弾道ミサイルを発射した。「スカッド」系列のミサイルと推定され、約450キロ飛行したという。

CATANAインサイト

北朝鮮のミサイル発射が世界に波紋を広げています。

北朝鮮とアメリカの間で戦争となれば、韓国はもっとも被害を受けると考えられます。そのため韓国政府としては戦争突入には断固として回避する姿勢です。北朝鮮の国境と韓国の首都ソウルまでの距離は軍事境界線からわずか40キロです。アメリカ・韓国の軍事的な結びつきは強いため、戦争勃発となればソウルへの被害が出る可能性が大いにあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする