アメリカ牽制?北朝鮮「新型の対空迎撃ミサイル実験実施」

北朝鮮の国営メディアは、キム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、新型の対空迎撃ミサイルの発射実験を行ったと伝え、朝鮮半島周辺の海域に空母2隻を展開するなど圧力を強めるアメリカ・トランプ政権を、重ねてけん制する狙いがあると見られます。
これは、北朝鮮の国営メディアが28日伝えたもので、日時や場所は明らかにしていませんが、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の立ち会いの下、新型の対空迎撃ミサイルの発射実験を行ったということです。

党の機関紙「労働新聞」に掲載された写真では、移動式の発射台に搭載されたミサイルが、ガスなどの圧力によって射出されたあと空中で点火する「コールド・ランチ」と呼ばれる技術で発射される様子などが捉えられていて、「敵の無人機やミサイルに見立てた標的を探知し、迎撃することに成功した」としています。

北朝鮮は、去年4月にも同じミサイルの実験を行っており、キム委員長は今回の結果について、「ミサイルの命中精度が大きく高まって去年見られた欠陥が克服され、合格だ。どんどん製造して、制空権をめぐる敵の妄想を粉砕しなければならない」と述べたということです。

北朝鮮としては、アメリカ軍が朝鮮半島周辺の海域に空母2隻を展開して合同の演習を計画するなど圧力を強める中、さまざまなミサイルの開発が進んでいると印象づけることで、トランプ政権を重ねてけん制する狙いがあると見られます。

CATANAインサイト

現在、アメリカの空母3隻が西太平洋に派遣されるという歴史上類を見ない異例の措置が獲られています。

これもすべて北朝鮮による朝鮮半島の不安定化が原因です。

北朝鮮に対し、アメリカと日本は強調して制裁の強化で一致しました。そしてアメリカではICMB(長距離弾道ミサイル)を想定した迎撃訓練を行うことを発表。

アメリカ大統領であるトランプ氏はフィリピン・ドゥテルテ大統領との電話会談で「核兵器をもった頭のおかしな男」と北朝鮮の金正恩氏に暴言を吐くなど、2国間の緊張は最大限まで高まっていると言っていいです

このまま両者が妥協案を見いだせないまま進むと米国と北朝鮮での戦争の可能性も否定できない状況になってきます。

北朝鮮の金正恩氏は自身の独裁政権維持のために動いている節が強そうですので、アメリカが体制維持を保証するば沈静化する可能性はありますが、そこまで甘くはないと思います。

もし、現段階で北朝鮮の体制保証を認めてしまったら、いっときは沈静化するかもしれませんが、いずれ北朝鮮は核の脅威で米国をはじめとする国々に脅しをかけて支援を要請するでしょうから結局いつやるの?という話に帰結しそうな気がします。

もしものときには日本への被害が出ないことを祈るばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする