AIが人の仕事を奪う実例/レオパレス、AI活用で年間4200万円削減へ

Kf leopalace

レオパレス21が、AI技術を活用し、入居者の申し込み書類などの手書き文字を読み取り、自動入力するシステムを導入。

レオパレス21は5月26日、人工知能(AI)技術を活用し、入居者の申し込み書類などの文字を読み取り、自動入力するシステムを導入すると発表した。これまで従業員の手動だった入力作業を自動化し、年間約2万900時間の作業時間、約4200万円のコストを削減する見込み。

AIベンチャーのAI inside(東京都渋谷区)が開発する文字認識システム「Intelligent OCR」を導入。賃貸契約時・退室時に、入居者(法人のみ対象)の申し込み書類から、手書き文字を読み取り、データベースに入力する。Intelligent OCRは、画像から文字を認識するだけでなく、文字を細かく分解し、部首などの組み合わせを学習することで、より高精度に手書き文字を読み取れるという。

これまで従業員が手作業で行っていた入力を、同システムが代替することで、年間約2万900時間の作業時間、約4200万のコストを削減できると見込んでいる。余った作業時間を、さらなる顧客サービスの向上に振り分けるほか、社員のワークライフバランスの向上につなげる考え。

近年、ロボット・AIを導入し、人間の手作業を代替する動きが広がっている。今年3月には、牛丼チェーン大手の吉野家が、食器洗浄の工程にアーム型ロボットを導入。1日当たりの作業時間を約2.3時間から約1.8時間に短縮できるとしている

CATANAインサイト

前投稿、最強囲碁AI「AlphaGo」が世界最強騎士の柯潔(カ・ケツ)9段に勝利!でAIが人間のホワイトカラーの仕事を取っていくという話をしましたが、実際に現段階でも徐々にAIが人間の仕事を担い始めています。そのひとつが今回のレオパレスのような単純なルールで成り立つ仕事です。

文字を認識して記述するという業務はAIの得意分野でしょう。しかも24時間止まりませんし、トイレ休憩や食事休憩もいらないとなれば、自動入力した方が良いという結論にいたるのは至極当然の結果です。

現段階でレオパレスは年間4200万円の削減と言っていますが、おそらく今回の試みが上手くいけば、他の業務(例えば契約書への入力自動化とか)色々な部門への横展開をしていくことが予測できますので、削減額は何十倍、場合によっては何百倍になる可能性は将来的には否めません。

もちろん削減対象は人間の人件費です。このポストAI時代をどう乗り越えるかははAIを活用してさらに高次元の仕事をするか、AIが入ってこれない領域で仕事をしていくしかありません。世界観を広く持って知識を広げていくことが大切なように思います

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする