iPhone8のうわさまとめ

iPhone8に関するリークが先週たくさん出てきて、ガジェットメディア各社でiPhone8に関する予想情報が出てきましたので情報をまとめてみました。

  

「iPhone8」は9月13日(水)発表、22日(金)に発売!?

IMG 2831

「iPhone8」情報を連日のように公開しているベンジャミン・ジェスキン氏が、Appleの社内メールとされる文書をTwitterで公開し、「iPhone8」は9月17日に発表、9月25日に発売される、と語っています。Apple社内メールが流出、休暇取得を制限

ジェスキン氏が今回公開した文書は、Apple CareのアドバイザーとリーダーあてのAppleの社内メールとされており、以下のような内容が記されています。

これから数か月は、私たち全員、そしてお客様にとって非常にエキサイティングなものになるでしょう!ご存じのように、9月に新製品の発表と発売が予定されています。問い合わせの電話が増えることが予想されるため、この夏にスタッフを増員する予定です。

一年の中でも非常に重要なこの時期に、お客様をサポートするために、すべてのAppleCareプログラムのアドバイザーとリーダーに、ブラックアウトデー(休暇取得を制限する期間)を設けます。次のブラックアウトデーは、9月17日から11月4日です。

Benjamin Geskin @VenyaGeskin1
AppleCare Advisors & Leaders received an email.

So the September the 17th seems very very likely to be keynote day.
2017年May25日 20:00
33 33件のリツイート 107 いいね107件
Twitter広告の情報とプライバシー
ジェスキン氏は発表を9月17日と予測

ジェスキン氏は「iPhone8」の発表日を9月17日(日)、発売日を9月25日(月)と予測していますが、日曜日にはイベントが開催された例がないこと、休暇取得制限期間が1か月半に及ぶ点には疑問もあります。

Apple’s iPhone 8 / 7s Keynote will be held on September 17.
Sales September 25.
2017年May25日 18:09
86 86件のリツイート 190 いいね190件
Twitter広告の情報とプライバシー
パターン化されている水曜に発表、翌週金曜に発売の日程

Appleは、新型iPhoneの発売直後の時期、AppleCareやApple Storeのスタッフに休暇取得を制限しています。

2013年にはAppleの社内システムの画面写真が流出し、AppleCare担当スタッフは9月15日(日)から9月28日(土)の期間に休暇取得が制限されたことが明らかにされました。この年、iPhone5s/5cが9月10日(火)のイベントで発表され、20日(金)に発売されています。

近年のAppleは、新型iPhone発表と発売日をパターン化しており、2014年以降は水曜に発表、翌週金曜に発売という日程が固定化しています。

上記の例を踏まえると、2017年の「iPhone8」発表は現地時間の9月13日(水)、発売は9月22日(金)になる、と予測されます。

なお、ジェスキン氏は最近、「iPhone8」の寸法入り図面のほか、ダミーモデルの動画、「iPhone8」の金型とされる写真などを数多く公開しています。

  

背面にTouch IDがある「iPhone8」画像〜カラーバリエーションも

今秋の発売が見込まれる、有機EL(OLED)ディスプレイ搭載の「iPhone8」のものとされる新たな画像が、中国SNSのWeibo上で公開されました。
Touch IDは背面に。ベゼルレスではないデザイン

画像は2枚で、それぞれ3台のiPhone8と思われるスマートフォンが並んでいます。

1台のみフロント側が写っていますが、ベゼルがギリギリまで薄くなってはいるものの、ディスプレイが側面に回り込んだ「べゼルレス」のデザインではありません。

2記事目Touch IDはフロントディスプレイに埋め込まれておらず、背面のAppleのロゴの下に配置されています。またカメラレンズはこれまで繰り返し報じられてきたように縦に2個並んでいますが、LEDフラッシュはレンズとレンズの間ではなく、マイクの下側に位置しているようです。

Appleは最終的なデザインを決定するまでにいくつかのデザインを比較、検討しているといわれていますが、今回流出したiPhoneの画像もそうした候補のひとつなのかどうかは不明です。

iphone-8-weibo
iPhone8のカラーバリエーションは?

2記事目
そして今回の画像で気になるのがカラーバリエーションです。画像が暗いためはっきりとはわかりませんが、1枚めは左がホワイト、中央のモデルは色が確認できませんが、右はジェットブラック、2枚めは左からシルバー、ゴールド、ブラック(マットなブラック)のように見えます。

この2枚の画像とは別に、同じくWeibo上で公開されたiPhone8とされる画像では、ブラック、シルバー、ゴールド、ホワイトの4色展開となっています。ただしこちらの画像ではTouch IDは背面にありません。

iPhone 8の価格はいくら?

iPhone 8はこれまでのiPhoneで最も高価になるとの噂もありますが、はたしていくらになるのでしょうか。最新の予測が明らかになりました。

iPhone 8は約96,000円から?

金融企業UBSのアナリストSteven Milunovich氏は、iPhone 8の最も安いモデルで約96,000円(870ドル)、最も高いモデルで約12万円(1,070ドル)になる、と予測。最も安いモデルの容量は不明ですが、最も高いモデルは256GBになるそうです。

ただ、iPhone 8の価格予想にはばらつきがあります。

金融企業ゴールドマン・サックスのアナリストSimona Jankowski氏の予測では、128GBモデルが約111,000円(999ドル)、256GBモデルが約122,000円(1,099ドル)です。

容量のラインアップについては64GBと256GB、128GBと256GBとする説があります。

Appleの噂を扱う大手サイト『9to5Mac』はこれまでの噂・予測を踏まえ、iPhone 8は11万円前後になるだろう、と推測しています。ただし、これが最も安いモデルを指しているのか、それとも最も高いモデルを指しているのかは不明です。

いずれにしても、現在販売されているiPhoneよりは高価になります。

IPhone8 Price 0523 10

iPhone 8が高価になる理由

iPhone 8の価格が高い理由はいくつかあると考えられています。

5.8インチ有機ELディスプレイの採用(発色向上・省エネ化)
Touch ID内蔵ディスプレイ(センサーを別の場所に搭載する可能性も)
デュアルレンズFaceTimeカメラ
新型メモリの採用+価格高騰
ただしプロセッサは、同時発表とされるiPhone 7s・iPhone 7s Plusと同じものを搭載すると噂されています。処理能力はiPhone 7s/7s Plusと大差がない可能性もあります。
  

CATANAインサイト

初代iPhone発表から10年になる2017年9月の新型発表ではiPhoneの大幅リニューアルが確実とされています。その中でも信頼のおける情報筋からのリークでは価格が10万円近くになり過去最高金額での販売となることやフロント画面の物理ホームボタンの廃止、ベゼルレスなど、iPhone7では見られなかった大幅なリニューアルが現実味を帯びてきました。

筆者としては基本スペックの向上や物理ボタンなどの革新的な機能は大歓迎ですが、バッテリー技術やIOSのソフトウェア技術の向上で稼働時間を長くしてほしいと言うのが本音です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする