【地震の前兆?】幻のサメ! メガマウスまた見つかる5月2回目 異例の頻度

20170526 00000053 asahi 000 11 view

三重県の熊野灘で26日、幻の巨大ザメと呼ばれる「メガマウス」が漁船の網にかかった。同県南伊勢町の漁港で保護され、水族館への引き取りが検討されている。

 尾鷲港の南約20キロの沖で26日午前0時ごろ、漁船が巻き網を水深約100メートルから引き揚げたところ、網にかかっているのが見つかった。南伊勢町の奈屋浦港まで運び、鳥羽水族館(三重県鳥羽市)のスタッフがメガマウスと確認した。

 体長は約5メートル。口の大きさは1メートルほどという。漁船の関係者は「貴重な魚なので、研究に生かしてもらいたい」と話した。

 メガマウスは今月22日、千葉県館山市沖でも定置網に入っているのが見つかり、いけすに移されたが、その後死んだ。メガマウスは1976年に米ハワイで初めてみつかり、これまでに世界で約110例、国内で約20例確認されている。

5月22日には千葉の定漁網にメガマウスがかかっているのが発見されたばかり、22日に発見されたメガマウスはその後いけすに移されたものの、すぐに死亡していました。海洋大学の教授であるサカナくんもメガマウスの死亡を残念がっていました。

もともと深海に生息するメガマウスが浅瀬で生存するのは多大なストレスがかかるので長生きできなかったものと推測されます。

相次ぐメガマウスの発見にネット上では大地震の予兆では?と心配する声が続出しています。大地震と深海魚との関連性は未だに不明ですが、大地震の直前に前兆として深海魚が浜に打ち上げられたり、メガマウスが座礁することがあるという都市伝説は巷で有名です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする