イオン2020年までに売上9.5兆円をめざす方針

[東京 24日 ロイター] – イオン(8267.T)は24日、2020年2月期に連結営業収益9兆5000億円(17年2月期実績は8兆2101億円)、営業利益2900億円(同1847億円)を目指すと発表した。4月に発表した中期計画では、目標数値を示していなかった。

イオンは近年日本国内だけでなく、今後マーケットの拡大が期待される東南アジアへの出展強化を加速しており、グローバルでの売上げアップを狙っています。

経営再建中のダイエーについては17年2月期に3000億円だった売上は20年には7000億円に倍増する計画を打ち出しました。

ダイエーは総合スーパー(GMS)に特化させ、選択と集中をさせる予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする