江口洋介と森高千里は結婚18年でも奇跡のラブラブっぷり

江口洋介と森高千里は結婚して18年になりますが、未だに新婚のようなラブラブっぷりを渋谷の近くにある通りで撮影され話題になっています。

江口が49歳、森高が48歳で結婚したのは18年前ですが、お互いに近すぎず、遠すぎない絶妙な距離感で歩き、ときどき見つめ合ってハニかんでいるようすは新婚のようです。

森高千里は今年デビューして30周年となります。自身がMCを務める音楽番組『Love music』(フジテレビ系)でも特番「森高千里 30th Anniversary SP」を放映(21日)。デビュー当時の映像を振り返るなどして自分の写真を見て、「無理がありますよね」と苦笑しながらも、30年前と変わらぬ可憐な歌声を披露し、会場を沸かせる。かと思うと男勝りのテクニックでドラムを叩く。スタジオを飛び出して訪れた馬肉店では、その味を「おいしい~! 大好き!」と手を叩きながら大喜び。案内役のアンジャッシュ渡部建(44才)も思わず「かわいいですよね」とニンマリした。

アンジャッシュ渡部に「かわいい」と言われたことで年下の芸人に褒められるのに複雑な心境を露わにしましたが、よろこんでいいのかな。とまんざらでもない様子でした。

冒頭のふたりは、羨望のまなざしで見つめる記者をよそに、仲よく家に帰って行った。

「お子さんと3人でのカフェランチのあと、お子さんに“先に帰ってていいよ”と言ってふたりでお買い物していたようです。普通、旦那さんが先に帰りたがるのに(笑い)。結婚して18年経っても恋人同士のような奇跡の夫婦なんです。だけど森高さんは『え? みんなもこうじゃないの?』って。これを普通だと思っているのがまたすごいですよね」(前出・ふたりの知人)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする