Hulu日本語版リニューアルで大規模な障害。解約相次ぐ

5月17日にリニューアルした動画配信サイト「Hulu」日本版でシステムに大規模な不具合が起き動画が見れないなどの問題が多発していたことがわかりました。

Huluを運営する日本テレビ放送網子会社・HJホールディングスは22日、ユーザーにメールやWebサイトで謝罪。不具合や対応状況などをまとめたヘルプページを公開しました。

ヘルプページで公表された不具合は、クラウドサーバのトラブルで動画再生が途中で止まったり、Chromecast(第1世代)で動画が表示できなかったり、一部Androidスマートフォンでアプリが動かない――など。それぞれ、対応を進めているといいます。

しかし、Twitterなどでは批判が続出して、解約も多数でているという情報が入っています。

大きな障害の原因は著作権保護技術「HDCP」を導入したことが大きく影響しているようで外部ディスプレイとの接続にはHDMIが必須になりましたが、この事をユーザーに事前に十分に告知していませんでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする