ソフトバンク子会社ARM、ワシントン大学と提携し、脳に埋め込むマイクロチップの開発に着手

スクリーンショット 2017 05 22 18 22 18

ソフトバンク傘下のイギリス半導体大手のARM社は5月16日に脳に埋め込むSoCの開発でアメリカのワシントン大学の感覚運動神経工学センター(CSNE)と提携したと発表しました。

ARM社が目指すのは脳とコンピューターを相互につなぐマイクロチップで同社の最小プロセッサ「Cortex-M0」を引き合いにだし、さらに省電力、小型のチップ開発を目指す方針をあきらかにしました。ARM社はこのマイクロチップをアルツハイマー病やパーキンソン病の治療に役立てると説明しています。例えば、自分では止めることのできない震えを脳に埋め込んだマイクロチップからの情報送信で止めるというような技術へ応用が可能だといいます。

英BBCによると、研究成果が見られるのは10年後くらい先だということですが、今まで対処できなかった神経系の病気への治療やリハビリのアプローチとして有望な手段のひとつといえるでしょう。「問題は電力消費と発熱だ。CSNEは非常に小さく、消費電力が低いプロセッサを必要としている」ということです。

ARM社は世界のプロセッサーの最大シェアを持つ会社で2016年にソフトバンク傘下に入りました。これからのARMに注目が集まります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする