タイ、バンコクの軍関係病院で爆発20名以上が負傷

2017年5月22日、タイの首都バンコクにある病院で爆発が起き、20名以上が負傷しました。

タイではクーデターから22日でまる3年になることから政府では関連を調べています。

爆発が起こった病院は軍関連の病院でタイの警察幹部は爆発の原因は爆弾によるものだと発表しています。

タイではクーデターの時に混乱がありましたが、現在は落ち着いていただけに心配が広がっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする