イギリスがEU離脱か?大接戦の国民投票。離脱支持が51.3%(637万8177票)で、残留支持の48.7%(606万2258票)をややリード

離脱支持が51.3%(637万8177票)で、残留支持の48.7%(606万2258票)をややリードしている。

域内2位の経済大国である英国がEUを離脱すれば、欧州は分裂し、大きな岐路に立たされる。世界経済に大きな混乱を招くのは必至であり、英国民の歴史的選択に世界が注目している。http://www3.nhk.or.jp/news/business.html?utm_int=detail_contents_back

「イギリスのEU離脱」というキーワードが現実味を帯びてきました。今のところの開票速報では離脱派が残留はを3%程度上回っているそうです。このあと午後には開票結果が出そろうということですが、市場はパニック状態になりつつありますね。

1ドル=99円まで高騰

特に大きな影響を受けたのが円相場。1ドルが99円台をつけました。何年ぶりでしょうね1ドルが100円を切るのは。

ビットコインはなぜか高騰

ビットコインも安全資産とみられているのか?なぜかこちらも高騰しています。前日比15%増というところでしょうか結構な値が付いています。

昨日までのニュースではイギリスのEU残留はが若干ではありますがEU離脱派を上回っているというニュースが流れたのですが、蓋を開けてみれば逆の展開になりつつありますね。このままEUの離脱が決定した場合、日本への影響も大いに考えられます。

株価は1万2000円台、円相場は1ドル=90円

株価は1万2000円台までには急落するでしょうし、1ドルは90円もしかしたら割るかもしれません。リーマン・ショック級ははわかりませんが日本経済に影響は大きいと思います。

ひとまず今はイギリスの開票結果を待つしか無いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする