【コロナウィルス】ベトナム国内の感染者情報や企業の対応

ベトナムではコロナウィルス(COVID-19)の水際抑え込みに成功していたので、2月までは国内の感染者は16人。うち15人は回復という状況でした。しかし、3月6日に状況が一変します。イタリア帰りのベトナム人女性がコロナウィルスに感染している事が判明。彼女はTruc Bach (チュックバック)という住宅街に住んでいた事やインフルエンサーのような仕事をしていたので多くの人と接触したという事でベトナムの国内中が大騒ぎになりました。本日3月10日までにその彼女の周辺でコロナウィルスに感染した人は最終的に彼女含めて3名になりまして、ベトナムは国内感染者を増やしてしまう結果となりました。しかし、とはいえ2桁台に抑え込んでいるのはすごいことかと。このチュックバックの彼女の件も地域一帯を封鎖して、除染作業を実施したというニュースを見ました。ベトナム国内は経済を一時的に低迷させたとしてもコロナの封じ込めに躍起になっているという状況です。ベトナム政府から各企業にチアしては特にお達しは来てないのですが、ハノイ市の企業の一部は自主的にリモートワークに切り替えている企業もあります。うちの会社も3月9日の月曜と本日10日の火曜までの2日間はリモートワークを許可しております。政府の方針でしょうが、かなりメディアがコロナウィルスに対して不安を煽るような報道をしているので国民全体がかなり不安かつ敏感になっています。そのため無理して会社へこさせて不安な思いの中仕事に集中できないよりかは自宅での勤務で安心して業務に取り組める負が良いのではないかという判断です。(ただサボる人がいないかは心配w)ま、時代の流れ的にはリモートワークというか。仕事の成績は自動管理するような感じになると思うので遅かれ早かれサボっている社員はあぶり出されて職を失うことになると個人的には思っていますがね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする