ビットコインに買い場が到来!?G20の警戒感がやわらぎ、3末〜4月にはBTC150万円も視野に! #ビットコイン #トレンド分析 #投資 #初心者 #仮想通貨 #リップル #アルトコイン

ビットコイン現在の価格推移

3月20日のビットコインの価格は92万円です。ここ数日は80万円台をウロウロして、一時80万円の大台を切る場面もあっただけにビットコインが92万円になったことは非常に大きなインパクトがあります。

現在のところ、仮想通貨市場はビットコインに牽引されているので、ビットコインの上昇に伴い、アルトコインも価格をあげています。下記主要アルトコインの現在の価格と24時間の上昇率です。
・リップル:74円(+6.86%)
・イーサリアム:58,317円(+2.52%)
・ビットコインキャッシュ:107,416(+9.31%)

特にビットコインキャッシュとリップルの価格上昇率が高いのがおわかりかと思います。私は下落の底打ちのあと価格の上昇率が高い通貨ほど世の中の注目が高いと判断しています。それではビットコインのトレンドチャート分析をしていきましょう。

  

ビットコイン2日連続の陽線

スクリーンショット 2018 03 20 11 36 24

ビットフライヤーチャート

上記はビットコインの日足チャートです。2日連続の陽線終わりとなっており、チャート的には80万円台で底打ち、上昇に向けて価格を伸ばしている可能性が出てきました。現在は92万円ですが、しっかり上昇トレンド復活となるためには100万円台には乗せて欲しいところです。

ビットコインが100万円台に乗せれば短期、中期のビットコイン価格は上昇となりますので、3月末にかけて106万円。120万円と高騰する可能性が高いです。そして、注目は3月末までに150万円を突破できるかです。チャート的には150万円程度の価格をうわ抜けられないと1月からの大暴落からの回復が明確化したというには厳しい状況です。

逆に150万円を突破できれば、その後、ビットコインは240万円の過去最高値の上抜けに挑戦するため更に価格を伸ばしていける可能性があり、4月いっぱいは爆上げの期待ができます。

ビットコインの買い場はいつ?

上記の内容を総括すると、まだ、ビットコインの本格上昇サインが明確化してないですが、今後伸びていく可能性が出てきたという状況です。底値で仕込んで最高値狙いで売りたい方は、逆指値は忘れずに買いに入っても良いかもしれません。4月以降でビットコインの価格が150万円や200万円といった水準まで戻すとすれば200%近いリターンが期待できます。

オススメはビットフライヤーでの購入がリスクが少なく良いですが、他の取引所も過去記事、初心者向け!仮想通貨の取引所おすすめ3選!で紹介していますので、参考に読んでいただけると仮想通貨の取引所はどこが良いのかご理解いただけるかと思います。

今日は、「ビットコインに買い場が到来!?G20の警戒感がやわらぎ、3末〜4月にはBTC150万円も視野に! 」というお話でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする