【史上最悪の仮想通貨流出事件】580億円分のNEM(ネム)が流出した、コインチェック事件とはどんな事件だったのか?

002 コインチェック

2018年1月26日。日本での取引量最高だった「コインチェック」から580億円分に当たる5億XEMがハッカーによるハッキングにより盗難された事件が俗に言う「コインチェック事件」です。流出額は過去のMtGox事件を大幅に上回り、仮想通貨史上、最大の流出事件となりました。この事件は仮想通貨史上に大打撃を与え、コインチェックは数ヶ月、実質運営できないダメージを受けました。今日はコインチェック事件について詳細に時系列で開設したいと思います。今後の仮想通貨トレードでのリスク知識としてお役立ちしてもらえると思います。
  

580億円分のXEMが流出

事件は1月26日の未明に起きました。時間はほんのすこしの時間でハッカーはコインチェックのアカウントに侵入しました。そしてコインチェックの顧客資産であるNEM(※通貨単位はXEM)を発見します。そして、一気にコインチェックに置かれていた5億XEMという大量のNEMを盗難したのです。コインチェックが盗難に気がついたのは26日の朝になり、社員が出金したあとでした。すでに盗難から数時間が経過したあとでした。

ホットウォレット管理されていたネム

コインチェックはなぜハッキングによりNEMを盗まれてしまったのでしょうか。その理由はコインチェックのNEMの管理方法にありました。通常セキュリティを高く維持する取引所では顧客の財産は「コールドウォレット管理」をします。これは資産のデータをインターネットとは切り離して管理するということです。逆にインターネットにつながり、パスワードなどの認証を経ることでいつでも資産情報にアクセスできる管理方法のことを「ホットウォレット管理」と呼びます。通常は仮想通貨の取引所はセキュリティ対策のためにコールドウォレット管理をしているのですが、コインチェックはホットウォレット管理をしてしまっていたため、ハッカーからの攻撃により資産の流出を許してしまったのでした。

補償内容の発表、取引停止

ネムの流出から丸1日ほど経過して、コインチェックは記者会見を開くことになります。その間、Twitterなどのインターネット上ではコインチェックが謎の取引停止をしており、ウォレットからNEMがなくなっていることが指摘され「GOX(盗難)されているのではないか?」という憶測がではじめていました。その中の意見では、「もしもコインチェックが大量に仮想通貨を奪われていたら倒産する」とか「コインチェックの売上規模から推測すると補填も十分できる」などと言った意見がではじめ。私はよくまあ、みんなこんなこと調べられるなあ。と関心していました。ちなみに私も相当額のリップルなどのアルトコインをコインチェックにあずけていました。そして1月28日の夜、コインチェックの和田社長と大塚COOが記者会見を開き、NEMが盗まれていたことを認め。盗まれたネムはモザイクでマーキングをして追跡していることや補填も含め社内で検討していることを発表しました。コインチェックは取引を一時停止せざるを得ない状況となりました。

ネム保有者すべてへ1XEMにつき88円で補償

プレスリリースでネムホルダーへの補償を発表したコインチェック内容は下記のコメントとなりました。

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。
不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

この事件をきっかけに仮想通貨市場は暴落をしました。通常であればビットコインの価格は奇数月に上昇、最高値をつけて、偶数月に最高値をつけるという上昇相場の中にあったのですが、コインチェック事件が発生した直後の2月は偶数月にもかかわらず、価格は下落。一時240円台を付けたネムも一気に35円まで下落しました。コインチェック事件の影響が全世界の仮想通貨不審に広がり、2017年年末に大量に参入してきた新規参入者を退場させたのです。

スクリーンショット 2018 03 11 17 10 11

  
この冷え込みは3月に入っても続いていましたが、3月8日にコインチェックがネムホルダーへの補填を3月12日週に行うと発表をしたことで若干戻しが入りました。以上が「【史上最悪の仮想通貨流出事件】580億円分のNEM(ネム)が流出した、コインチェック事件とはどんな事件だったのか?」というテーマで解説しました。コインチェック事件の全貌です。

取引所は信頼できる場所を使うか。または資産の管理は自信のウォレット(特にセキュリティが高いハードウォレットで行うのが良い)という教訓を私達仮想通貨トレーダーに教えてくれました。ここから先、仮想通貨市場は底打ちして回復期に入ってくるかと思いますが、今回の事件は忘れずにいたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする