ビットコイン投資の初心者が知っておきたい5つのコト

こんにちは。カタナです。今日はビットコイン投資をはじめたばかりの方向けに。ビットコイン投資を成功させ利益を儲けるために必要な10個のポイントを解説します。

ビットコインを購入するために必要は取引所については、過去記事「初心者向け!仮想通貨の取引所おすすめ3選!」をご覧になってください。

ビットコイン初心者はいくらからスタートすればいいの?

ビットコイン投資をはじめたばかりの方から頂く質問で一番多いのがコレです!「いくらのお金から投資をスタートすればいいのでしょうか?」この質問に的確な正解はありません。なぜなら人それぞれ投資に使えるお金が違うからです。ですので、金額というよりかは投資に使える資産のうちの何%。みたいな考え方をすると良いです。まず、投資に使う資金ですが。私の持論。最大でも預貯金の30%程度にしておいたほうが良いです。1000万円の預貯金があれば300万円という計算になります。3500万円くらいあれば1000万円くらいは投資して良いでしょう。そして、仮想通貨の初心者は最初にいくらくらいの金額で投資をスタートさせるべきか。私は投資用資産の10%以下。堅くみたいなら5%以下で考えた方が良いとオススメしています。1000万円の投資用資産がある人ならば、50万円〜100万円の少額資産からスタートさせてみてください。理由は、

・仮想通貨市場はまだまだできたばかりでボラティリティ(価格変動)が非常に大きいため判断を誤ると一気に資産を減らしてしまう

・ビットコインやアルトコインなどの仮想通貨は基本的にFXや株式トレードで使える価格相場チャートのトレンド分析で価格が読めますが、コインチェック事件のように通常の投資市場では起こらない事件が発生することがあるので、リスクヘッジを強めにやっといたほうがいいからです。

・最後に現在1500種類以上あるとされている仮想通貨へ投資をしはじめるとどんどん、色々な暗号通貨への投資をしたくなってしまいます。そうすると資金を少な目にしておかないと歯止め無く買ってしまうリスクがあるのです。


といった理由があり。私は仮想通貨の投資をはじめたばかりの方は投資用資産の10%〜5%の少額投資からスタートして仮想通貨についての知見やトレードに慣れてきたら割合を増やすことをオススメしています。
  

ビットコインの購入方法

ビットコインを購入するために必要は取引所については、過去記事「初心者向け!仮想通貨の取引所おすすめ3選!」をご覧になってください。

ビットコインを購入する時に気をつけなければ行けないコトが2つあります。
1. できるだけ安い価格で買えるかどうか?
実はビットコインの購入できる価格は仮想通貨交換所で全然違います。ZAIFで90万円で購入できる時、ビットフライヤーでは95万円で購入できると言った感じで数%の価格差があります。これはなぜかというと、仮想通貨交換所の形態に違いがあるからです。Zaifのような仮想通貨”取引所”の場合は、現物でビットコインなどを売りたい人と買いたい人をつなげているだけなので、実需の価格で取り引きができます。ですので、Zaifへ支払う手数料は0.5%とか非常に安く抑えられています。しかし、取り引きが活発になるとどんどん値段が変動するため、自分が欲しい値段で確実に買えるとは限りません。一方でビットフライヤーのような仮想通貨”販売所”はいつでもビットコインなどの仮想通貨を購入することができます。なぜかというとビットフライヤーが仕入れているビットコインを購入するという販売形式をとっているためです。そのためいつでも買えるけれどもスプレッドが高く、Zaifで同じタイミングで購入するよりもビットコインの購入金額が高くなる傾向にあります。仮想通貨の「取引所」と「販売所」の違いを見極めて状況によって使い分けていきたいですね。

ビットコインを購入するために必要は取引所については、過去記事「初心者向け!仮想通貨の取引所おすすめ3選!」をご覧になってください。
  

ビットコイン投資のデメリット

ビットコインに興味を持った人はきっとビットコインの値上がり額の高さをみて「ビットコインて儲かるかも!」と新規参入してきたことでしょう。たしかに2013年とかには2万円とかだったビットコインはたったの5年くらいで最大240万円まで高騰しました。120倍とかの価値の上昇がある金融商品なんて株やFXではなかなかないので投資をやるひとが注目するのも当然です。最近ではゴールドマン・サックスなどの世界的な機関投資家といわれる金融のプロもビットコイン投資に参入しはじめています。日本ではDMMやSBI、GMOといった大企業の参入もはじまりましたね。その分、未来への期待感というのがふくらんでいるのがビットコインをはじめとする暗号通貨市場です。しかし、良いことの裏には必ず悪いことやデメリットもあります。ビットコインの場合も例外ではありません。いくつかビットコインのデメリット。というかリスクをお話しましょう。
ビットコインの価格
まずはビットコインの価格が安定しないことです。ビットコインが10万円のときに、元ライブドア社長のホリエモンこと堀江貴文さんも「ビットコインがここから価格上昇しても2倍とかが限界だろう」と2015年くらいに言っていました。かなり仮想通貨の情報を取り入れていることで有名なホリエモンでもそのあと240万円までビットコインの価格が高騰することは予測できませんでした。しかし、うらを返せば逆もしかりです。現在100万円前後のビットコインがこのあと何年も上昇トレンドで300万円、500万円と価格を上げるなんてことは誰にもわからず。逆にビットコインの価格が10万円になってしまう可能性もあります。

マイニングの問題
ビットコインの信頼性を担保しているのがブロックチェーン技術であり、ワークオブプルーフ(PoW)と呼ばれる世界でのビットコインマイニングと承認作業です。しかし、一部報道で取り沙汰されており、知っている人もいるかもしれませんが。ビットコインのマイニングには大量の計算が必要でコンピューターの電気代が安いエリアでないと成り立たないようになっています。ですので、中国でビットコインのマイニング工場が流行ったりしました。中国は国策で電気代をあえて安く抑えているのです。もしも、世界中でビットコインの利用ニーズが出てきたら、世界中の電力が不足すると言われています。そしてその問題に対してのソリューションはまだないのです。ただ、安心してほしいのが、ビットコインなら。という話なので、ビットコイン以外の決済での利用を想定しているリップルのような仮想通貨が主流になってくればこの問題はなくなってきます。そしてリップルの時価総額はビットコインを超えることになるでしょう。一部の予測ではリップルは近い将来1XRP=600ドル(6万円)を超えると言われています。現在80円くらいのリップルが6万円になると現在の価格から600倍ですからとんでもなく夢のある話ですよね! リップルはバイナンスで購入することができます。
  

ビットコインはいつが買いなのか?

ビットコインが買い時は非常に判断が難しいですが、2018年3月現在は直近3ヶ月での価格調整や悪材料による下落が一段落して、底打ち。レンジ相場になっているので、安値で購入できるチャンスだと思います。相場の地合いがよくなればビットコインは再び200万円を目指すこともあると思います。
  

ビットコイン始め方

ビットコインを購入するために必要は取引所については、過去記事「初心者向け!仮想通貨の取引所おすすめ3選!」をご覧になってください。
ビットコインは取引所と呼ばれる仮想通貨の交換所で入手することができます。上記の別記事で詳細を記載しましたので、こちらを参考にしてもらえるとうれしいです。私個人として、初心者へオススメしている取引所は、
ビットフライヤー
Zaif
バイナンス

この3つの取引所のアカウントを開設しておくと、①仮想通貨の現物「取り引き」でお得に買える。(特にZaifとバイナンス)②セキュリティが強固なウォレットへ仮想通貨資産をあずけられる。(特にビットフライヤー)③数多くの仮想通貨を購入できる。(特にバイナンス)という基本的に仮想通貨トレードに必要な基本要件すべてを入手することができます。

  
今日は「ビットコイン投資の初心者が知っておきたい5つのコト」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする