仮想通貨の投資で初心者がやってはいけない3つのコト

仮想通貨投資を去年の年末や今年からはじめた人は多いと思います。ビットコインが1月暴落。そこにコインチェックの事件が追い打ちをかけて大損害を負って退場してしてしまった、仮想通貨投資の初心者の方も大勢いたと思いますが、未だに仮想通貨投資を続けているあなたは勇者です!『進撃の巨人』で言えば、”ウォール・マリア”が突破され、巨人の怖さを知ったにも関わらず調査兵団に入った人みたいなもんです!!

今日は、仮想通貨投資の初心者の人向けに、仮想通貨の投資で成功するためにやってはいけないコトを紹介したいと思います。
  

イナゴ

ビットコインが1日で20%上昇!購入を逃した〜。と思っていたら翌日はまだぐんぐん伸びて、さらに25%値上がり!こんなことは結構よくあります。このような状況のとき、人は「今買ったらさらに1週間後は2倍とかになっているんじゃないか?」と思ってついついビットコインを買いたくなってしまうのですが。これ絶対ダメです!俗に言う「イナゴ」というやつです。長期的には上昇相場のビットコインかもしれませんが、短期や中期では上げたり下げたりします。「上げ続ける相場はない」という言葉はビットコイン投資にも当てはまります。イナゴはそのあと調整下落で損失を負って怖くて売って、円建てでマイナスを出してしまうのはよくあることです。急激な上昇のときに買いで入る時は注意しましょう。
  

チャートを知らない

投資にはチャート分析と言うものが必要です。しかし、仮想通貨は上昇相場であることが多いので、なんとなく買っても利益を上げられてしまうことがあります。しかし、チャート分析をしないと必ず損失を出します。これはイナゴのときと同じ理由です。「上げ続ける相場はないのです」トレンドのチャート分析はFXのテクニカル分析の基本的な内容を覚えておくと仮想通貨の相場チャートにも応用することができます。「トレンド分析の基礎」など、インターネット上には相場のトレンドをどうやって読むかをわかりやすく解説しているWEBサイトがたくさんあるので、小難しい本とかに手を出す前にインターネットで基本を抑えましょう(現在の仮想通貨市場であればまだまだ機関投資家とかは少ないので基本的なチャート分析がわかれば、「買い」。「売り」のサインは見分けることができます)
  

取引所を1箇所にまとめている

投資の世界には有名な格言があります。「卵は同じカゴに置いてはいけない」。市場で卵を買って。同じカゴに入れて置いたとします。もしもカゴを落としてしまったらカゴの中の卵が全部割れてしまいますね。ですので、卵は違うカゴに入れましょう!=資産は分散して管理しましょう。という意味です。仮想通貨に置き換えれば、ひとつの仮想通貨を盲信して投資用のお金を全部投資したり、取引所を1箇所にまとめることはNGです!コインチェックで痛い目にあった人は多いと思いますが、取引所がトラブルに見舞われた時はトレードができなくなってしまったり、最悪、取引所が倒産してしまったら資産をすべて失ってしまいます。初心者向け!仮想通貨の取引所おすすめ3選!で紹介しましたが、国内外の複数の取引所でアカウントを開設して分散投資しましょう。
  
今日は「仮想通貨の投資で初心者がやってはいけない3つのコト」というテーマで仮想通貨投資のヒントをお送りしました〜!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする