Segwit2Xの回避とその後のビットコインキャッシュの高騰について

スクリーンショット 2017 11 12 10 07 01

11月中旬に予定されていたビットコインのハードフォークであるSegwit2Xがビットコインの安定性を重要視したコアメンバーの意向で延期となりました(Segwit2Xのアップデートが未来永劫なくなったわけではない点注意が必要ではあります)。

ビットコインは安定的になったのか?

Segwit2Xへのハードフォークへの懸念はビットコインの信用が落ちてビットコインの暴落や無価値に近い価格への価値の低減可能性があると言われていましたが、Segwit2Xが回避されたことでビットコイン相場には平穏が戻ったように思えました。
  

残るスケーラビリティ問題

しかし、ビットコインにはある問題が残っていたのです。それがスケーラビリティ問題。そもそもなぜハードフォークが提言されるのかというポイントに立ち返りましょう。ハードフォークとはつまりは暗号通貨の機能に不完全な部分があるためソフトウェア的なアップデートを試みることなのです。つまりビットコインにはある弱みがありました。

それがスケーラビリティ問題。ビットコインが採用しているブロックチェーンは1MBしか情報を保存できません。このことはビットコインの利用者が増えると、送金に時間がかかりすぎ、送金手数料も割高になるという問題を内在しています。これがスケーラビリティ問題です。
  

8月1日のビットコインキャッシュ分裂

話を2017年8月1日に起こったビットコインキャッシュの分裂に戻しましょう。実はビットコインキャッシュ(BCH)がビットコインから分裂した理由は前述したスケーラビリティ問題を解決するためブロックチェーンの保存容量を1MBから8MBに増やし、ブロックチェーンの暗号解読の難易度調整もできるようにしたことが理由でした。

つまり、ビットコインキャッシュとはビットコインをより実務的に取扱いやすい通貨にした事実があったわけです。実際にビットコインキャッシュは大量のトランザクションにも耐えられる設計になっています。

そして、先日のSegwit2Xの話に戻ります。Segwit2Xとはビットコイン本家のブロック保存容量を増強するなど、現在ある弱みを一掃してしまおうというアップデートだったわけですが、これが失敗に終わりました。

その結果、ビットコインはスケーラビリティできないままになっており、一部の有力マイナーたちがビットコインよりもビットコインキャッシュのマイニングをして取扱を増やすべきだとしてBCHのマイニングに移行し始めたのです。

そのなかにはビットコインの有力マイナーのジハン・ウーもいました。

ジハン・ウーはTwitterで「まったく新しい日になる」と意味深なツイートをしてビットコインキャッシュへのマイナーの大移動を予言していました。

そして、11月10日からビットコインキャッシュは連日価格を暴騰させました。一時、11月12日には1BCHが30万円の価格をつけ、ビットコインよりもハッシュレートも越えるなどかなり急激な動きを見せました。

暗号通貨まわりに詳しい専門家の落合陽一氏もビットコインキャッシュとビットコインについて言及しています。



今後のビットコインとビットコインキャッシュの動きに目が離せません。そしてビットコインの暴落は一時、60万円近くまでいき、現在はビットコインキャッシュを除くアルトコインも同時安の展開となっています。なぜ、ビットコインキャッシュ(BCH)は高騰したの?? でんちゅうができるだけわかりやすく解説します!!
  

取引所

仮想通貨はどこで買うのがいいのか?がわからない人は日本国内の2大有名取引所のどちらかで口座開設することをオススメします。どちらも口座開設作業自体はかんたんですが、ハッカーなどへの対策をしっかりしていたり、何かあったときに保証をしてくれていますので安心して使えます。


ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー(bitFlyer)はビットコイン取引所の日本国内での第一人者的な会社です。取引量もNo1です。三井住友海上火災保険と連携した保証もあります。不正ログインで出金されてしまった場合、保証金額は預かり資産100万円以内は最大10万円、それ以上は最大500万円となります。
【取扱コイン】
・ビットコイン
・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナコイン
  

CoinCheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
CoinCheck(コインチェック)も有名な取引所の一つでビットフライヤーよりは取引量は多くないのですが、扱っているアルトコインの種類がビットフライヤーより多いため、仮想通貨取引をいろいろな通貨で試したい人にはおすすめです僕もLISK、Ripple、NEMといったアルトコインはCoinCheckで取引をしています。これらはビットフライヤーにはないですね。あとレンダリングといって10万円以上のアルトコインをほかの人に貸し出せる仕組みがあるのも大きいです。長期保有が基本になる仮想通貨投資で金利で利益をだせるのはとても大きいからです。ちなみに貸出し利率も3ヶ月で3%、1年で5%と非常に高利率なのが特徴です。東京日動火災と連駅していて、保証金額は1回あたり最大100万円を保証してくれます。

【取扱コイン】
・ビットコイン
・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・DAO
・LISK
・FACTOM
・MONERO
・AUNGUR
・Ripple
・ZCASH
・DASH
・NEM


取引スタイルに合わせた口座を作りましょう。口座開設だけなら無料なので、とりあえず2つとも開設するのもありです。

ビットコイン・イーサリアム・仮想通貨の情報なら、;東南アジアの中心で仮想通貨を叫ぶ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする