米CMEビットコイン先物取引、5つのポイントを解説

ビットコインが米CMEにより先物取引の銘柄として取り扱われるというニュースによりビットコインの価格は3%も上昇しました。


ビットコインに先物取引が導入されるということはまったく新しい経済価値であるビットコインと伝統的な金融商品である先物取引という2者の融合、つまり今までビットコインに懐疑的だった人たちに安心感をもたらすことになるかもしれないのです。

ビットコインの背景

ビットコインは今まで直接取引しか、購入する方法はありませんでした。しかも各取引所で購入する場合、ビットコインの高いボラティリティのリスクを考慮しながら購入していく必要がありました。

ビットコインの価格は2017年1月から10月までの10ヶ月で600%以上上長している通常ではありえないほど高い成長率を誇っています。これは投資家に取って魅力的ではありましたが、現在のビットコインの購入方法は取引所からの直接購入しかなかったのです。そのためビットコイン購入をしている人たちは他の金融取引をしている人に比べ、少ない傾向にありました。

しかし米CME社による、先物取引が採用されることでビットコインを購入するハードルは一気に低くなります。今日は米CMEがビットコイン先物取引を導入することで考えられる、抑えておきたい5つのポイントを解説します。
  

ビットコイン取引に安全性を

今までのビットコインは規制のゆるいビットコイン取引所でしか売買されてきませんでしたが、価格操作や不正を取り締まる先物取引での取扱がされることで合法的な雰囲気が加わることになり世の中のビットコインに対するイメージが変わります。
  

ボラティリティの安定化

現在ビットコインは年間成長率600%などと通常ではありえないボラティリティの中で取引されていますが、先物の取引経由で売買する投資家が増えることで価格の安定性が今よりも増す可能性があります。
  

先物投資家はビットコインを買うか?

先物投資家の中でボラティリティの高いビットコインを有望視する声もあり、実際に先物取引の対象としてビットコインが加われば、購入する先物投資家は多いと考えられています。
  


銀行や投資機関のビットコイン投資

先物取引銘柄としてビットコインが加わることで今までは仮想通貨に否定的だった銀行や投資機関という金融機関がビットコイン取引に参入してくる可能性があります。その場合、ビットコイン市場に流入するお金の金額は今までと桁違いになるためビットコインのさらなる価格上昇を生むきっかけになるかもしれません。実際に先物取引がはじまるかもという現段階でビットコインは3%も価格が上昇しました。先物取引が始まる前がビットコインの利益で儲けるチャンスかもしれません
  

先物取り引きがはじまる前にビットコインを買うチャンス

ビットコインを先物取引がはじまる前に買うチャンスは今、ビットコイン取引所でビットコインを購入することです。

いくつか日本の有名取引所を紹介します。

取引所

仮想通貨はどこで買うのがいいのか?がわからない人は日本国内の2大有名取引所のどちらかで口座開設することをオススメします。どちらも口座開設作業自体はかんたんですが、ハッカーなどへの対策をしっかりしていたり、何かあったときに保証をしてくれていますので安心して使えます。


ビットフライヤー
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー(bitFlyer)はビットコイン取引所の日本国内での第一人者的な会社です。取引量もNo1です。三井住友海上火災保険と連携した保証もあります。不正ログインで出金されてしまった場合、保証金額は預かり資産100万円以内は最大10万円、それ以上は最大500万円となります。
【取扱コイン】
・ビットコイン
・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナコイン
  

CoinCheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
CoinCheck(コインチェック)も有名な取引所の一つでビットフライヤーよりは取引量は多くないのですが、扱っているアルトコインの種類がビットフライヤーより多いため、仮想通貨取引をいろいろな通貨で試したい人にはおすすめです僕もLISK、Ripple、NEMといったアルトコインはCoinCheckで取引をしています。これらはビットフライヤーにはないですね。あとレンダリングといって10万円以上のアルトコインをほかの人に貸し出せる仕組みがあるのも大きいです。長期保有が基本になる仮想通貨投資で金利で利益をだせるのはとても大きいからです。ちなみに貸出し利率も3ヶ月で3%、1年で5%と非常に高利率なのが特徴です。東京日動火災と連駅していて、保証金額は1回あたり最大100万円を保証してくれます。

【取扱コイン】
・ビットコイン
・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・DAO
・LISK
・FACTOM
・MONERO
・AUNGUR
・Ripple
・ZCASH
・DASH
・NEM


取引スタイルに合わせた口座を作りましょう。口座開設だけなら無料なので、とりあえず2つとも開設するのもありです。

  
ビットコイン・イーサリアム・仮想通貨の情報なら、東南アジアの中心で仮想通貨を叫ぶ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする