ビットコインとは?わかりやすく解説します!【特徴、仕組み、価格推移、取引所】

ビットコイン





暗号通貨を世の中に浸透させた、ビットコイン。言葉は良く聞くけれど、ビットコインの実態について実はよくわからない。そんな人のために今日はビットコインについてわかりやすく解説したいと思います。

特徴

ビットコインの特徴は、決済を目的として作られた仮想通貨(暗号通貨)であるということです。

現在、私たちは生活の中で国が発行した通貨を利用する場面が多いかと思います。日本では日本円(日本銀行券)アメリカならアメリカドルといったように国ごとに政府が発行する別々の通貨を利用して社会活動を営んでいます。これらを法定通貨と呼びます。


ビットコインはこの法定通貨に代わる次世代の通貨として生み出されました。

ビットコインは法定通貨と違い、電子上の記録で保有することができるので、スマートフォン1つあればお店などで使うことができます。しかもブロックチェーン技術という暗号技術が使われているため、ビットコイン取引では不正を働くことができないのが大きな特徴です。

さらに、世界中で統一された通貨単位BTCを使うことによって、為替変動など海外とのビジネスで面倒な計算をしなくて済みますし、迅速に安い価格で海外へ送金することができます。

日本に住んでいるだけだとわからりづらいポイントなのですが、実は海外送金をするためには現在1回の送金で手数料が4000円〜7000円必要で、送金時間も3営業日〜5営業日と長くかかることが多いです。しかし、ビットコインを使うことで数百円程度の送金手数料、数十分の時間で相手にお金を送ることができます。

グローバルな世の中で送金が迅速に行えることのメリットは非常に多く海外との取り引きが多い会社などは将来的に決済手段としてビットコインを利用する可能性が極めて高くなってきています。

そしてビットコインは法定通貨のように中央で管理している組織や人はいないです。そのため送金手数料が安く、自動化されていることで送金時間が短いという特徴があります。どうやって中央集権でなく通貨の運営ができているかは下のビットコインの仕組みのところでご説明します。

まとめると、ビットコインは、
・法定通貨と違い、世界で統一された単位で使える仮想通貨
・現実紙幣や硬貨を持つことなく、スマホ1つで利用可能
・安く、早く相手に送金できる
・中央集権的でない通貨


という特徴を持っています。
  

仕組み

ビットコインの仕組みはサトシ・ナカモトという人物が発表した論文にたんを発します。その論文とはブロックチェーン技術に関する論文です。「ブロックチェーンとビットコイン」という組み合わせは良く耳にするかもしれません。ブロックチェーンを説明することでビットコインの仕組みがご理解いただけると思います。

通常、金銭の取り引きを行った時には一方からもう一方へ何月何日いくらのお金が動いた程度の情報しか記録されません。またその記録はハッキングなどの被害を受ければ簡単に改ざんされてしまう可能性があります。銀行機関などはハッキングを受けないようなシステムを正確に運用することに多額のお金をかけていますが、実は不安定な仕組みの上になりたっているのです。

ではビットコインならどうなのでしょうか?

ビットコインの取り引きにはブロックチェーンという分散型台帳システムが利用されます。ビットコインを送金すると一方から取り引き相手にビットコインが移ります。利用者からすれば従来型のネットバンキングと同じような感覚で使えるのですが、ビットコインの送金システムの裏側はまったく従来の送金システムとは違います。

実はビットコインのシステムではすべてのビットコインの取引履歴が保存されています。そして新規に取引が発生するとブロックが新しく1つ生成されてチェーンのように繋がります。これがブロックチェーンと呼ばれるゆえんです。そして、このブロックチェーンの生成は有志の第三者によって行われます。実は政府が管理する中央集権型の法定通貨と違い、ブロックチェーン技術を採用するビットコインは誰も管理者がいないのです。

新しい取引は暗号になっており、ブロックチェーンの取引を解読するマイナーと呼ばれる人たちが取引履歴を解読します。マイナー達が解読した結果、その取引情報が正しいと判断されれば、ビットコインは取引相手へ送金されるという仕組みです。

この暗号解読作業はPoW(プルーフオブワーク)と呼ばれており、マシーンパワーが必要なので、1個人や1企業で行うことは難しく、世界中のマイナーたちが協力して1つの暗号を解読します。そのためビットコインの取引を改ざんすることが非常にむずかしいです。また、仮に大量の資金を投下してビットコイン取引で不正を働ける仕組みを作り上げたとしましょう。その場合、ビットコインの信頼がなくなり価値が0になることで不正を働いた側は大きな損失を被るため不正自体を行うメリットがないこともビットコインが信頼できる仮想通貨と呼ばれるひとつの理由になっています。
  

価格推移

上記のような理由があり、ビットコインは世の中から大きな期待が寄せられています。

ビットコイン価格の推移もうなぎのぼりで、2017年4月に12万円だったビットコインは2017年8月には45万円、2017年10月には70万円を超えています。海外の研究者の中には数年以内にビットコインの価格は5000万円を超えるという人もいます。

ビットコインは金や銀と同じで上限発行量が2100万BTCと決められているため、ビットコイン取引をしている人は安心して購入をしています。

取引所

仮想通貨はどこで買うのがいいのか?がわからない人は日本国内の2大有名取引所のどちらかで口座開設することをオススメします。どちらも口座開設作業自体はかんたんですが、ハッカーなどへの対策をしっかりしていたり、何かあったときに保証をしてくれていますので安心して使えます。

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤー(bitFlyer)はビットコイン取引所の日本国内での第一人者的な会社です。取引量もNo1です。三井住友海上火災保険と連携した保証もあります。不正ログインで出金されてしまった場合、保証金額は預かり資産100万円以内は最大10万円、それ以上は最大500万円となります。
【取扱コイン】
・ビットコイン
・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナコイン
  

CoinCheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
CoinCheck(コインチェック)も有名な取引所の一つでビットフライヤーよりは取引量は多くないのですが、扱っているアルトコインの種類がビットフライヤーより多いため、仮想通貨取引をいろいろな通貨で試したい人にはおすすめです僕もLISK、Ripple、NEMといったアルトコインはCoinCheckで取引をしています。これらはビットフライヤーにはないですね。あとレンダリングといって10万円以上のアルトコインをほかの人に貸し出せる仕組みがあるのも大きいです。長期保有が基本になる仮想通貨投資で金利で利益をだせるのはとても大きいからです。ちなみに貸出し利率も3ヶ月で3%、1年で5%と非常に高利率なのが特徴です。東京日動火災と連駅していて、保証金額は1回あたり最大100万円を保証してくれます。

【取扱コイン】
・ビットコイン
・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・DAO
・LISK
・FACTOM
・MONERO
・AUNGUR
・Ripple
・ZCASH
・DASH
・NEM


取引スタイルに合わせた口座を作りましょう。口座開設だけなら無料なので、とりあえず2つとも開設するのもありです。

  

デメリット

ビットコインにはメリットだけでなく、デメリットもあります。

まず1つめのデメリットは価格が変動しやすいということです。さきほども書きましたが、現在はビットコインが世界中で徐々に浸透しているフェーズなので、上限のあるビットコインに対して多くの人が購入希望をしています。そのため、昨日70万円だったビットコインが75万円に値上がりしたり、逆に65万円に値下がりしたりしている状況です。

つまり価格が1BTCと固定されている商品やサービスでも実質的に法定通貨と比較するとありえない変動幅で価格が変わっていることになります。ですので現段階のビットコイン価格が安定しないうちは実際の決済で使いづらいという面があります。

また、ビットコインは世の中の注目を集めていますが、現在日本国内でビットコイン取引をしている人は人口の8%未満といわれていて、実店舗などでも実際にビットコイン決済ができる場所は限られています。


ですので、今の段階ではすぐに決済で利用するために購入するというよりかはビットコイン価格が将来高騰する前にビットコインを買っておき実際に決済ができるようになったら利用するという意識で持っている人が多いようです。

また、匿名性が高いビットコイン取引を悪用してマネーロンダリングに使う事例なども見られており、それらを国が規制するために中国やロシアのようにビットコイン取引を規制しようとする動きもあります。2017年8月にはビットコインを多く購入している中国が急にビットコイン取引を制限するという方針を打ち出し、一時ビットコイン価格が急落しました(そのあと持ち直して、価格は8月前よりも上がることになるんですが。)ですので、国の規制などによってもビットコイン価格が変動しやすい状況にも注意が必要です。

  
今日はビットコインについて解説しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする