ヒカルVALU事件は返金へ!YouTuber3人から「VAを自身で買い戻したい」との意向。しかし、今後詐欺罪などにあたる可能性などを専門家YouTuberが指摘!

スクリーンショット 2017 08 16 7 28 41
  
YouTuberのヒカルさんがVALUで優待発行を匂わせて自分が持つ全株を発行して、優待の発行をせず、詐欺などと炎上してしまった「ヒカルVALU事件」に進展がありました。ヒカルさん、ラファエルさん、いっくんさんのVAのを購入したVALUユーザー全員へ人へ返金することになったのです。
  
ヒカルVALU事件の詳細は下記記事をご参照ください。
記事①:ヒカルがVALUで自身VAを大量放出ww 48036VA 持ち株ほぼすべてを売りにだすw
記事②:【YouTuber事件簿】ヒカルVALU事件、総額9.5億の持ちVAを全放出!
記事③:【Youtuber炎上・不祥事】インサイダー疑惑?ヒカルさんのVALUが「規約違反の可能性」と赤帯になってしまう。
  

8月17日VALU運営から発表

スクリーンショット 2017 08 17 9 05 59

ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)及び井川氏に関する対応について

ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)及び井川氏について、下記対応をさせていただくことを決定いたしましたので、ご報告させていただきます。
(1)ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)のVAについて
上記3名より「VAを自身で買い戻したい」との意向に対し、ヒカル氏、ラファエル氏、いっくん氏(禁断ボーイズ)のVAについて利用者保護の観点から特別措置として、該当VAへの現在の売買注文をすべてキャンセルとさせていただきます。
(2)一連の取引で発生した手数料の扱いについて 
一連の取引で発生した手数料収入については、VALUがミッションとしている「人の価値を発掘し、高める。」と類同の意向を掲げる組織へ寄付させていただきます。
寄付先及び最終寄付額については、確定後、あらためてご報告します。
(3)今後の対応について
利用者保護を最優先に考え、取引に関するルールづくりを進めております。新たなルールについては、決定次第発表いたします。
運営一同、引き続き初心を忘れず精進してまいりますので、今後共どうぞよろしくお願いいたします。
該当4名のVALUは以下をご参照ください。
ヒカル氏: https://valu.is/hikarukinkuro
ラファエル氏: https://valu.is/raphael
いっくん氏(禁断ボーイズ): https://valu.is/ikkunkb
井川氏: https://valu.is/ikawa


VALU運営からすべてのVALUユーザーに対して声明が発表されました。

これによれば、ヒカルさんをはじめとするYouTuber3人から買い戻しの意向が伝えられ、

VALUは運営理念や利用者保護の観点からこれに応じる姿勢をしめしまいた。

手数料収入はVALUがミッションとしている「人の価値を発掘し、高める。」と同じ意向をもつ

組織に寄付するということでユーザーへの手数料返金はありませんでした。

その組織がどこなのかは言及されていませんでした。
  

ヒカルVALU事件は大炎上した

ヒカルさんの今回の事件をうけインターネット上では「詐欺師」、「インサイダー取引だ」という意見が

大量に発生し、ヒカルさんへのバッシングへ発展しました。ヒカルさんのVALUアカウントはもちろんですが、

ヒカルさんのTwitterにも多くの批判が寄せられました。

さらには同業のYouTuberからも批判動画が投稿されるなど、ヒカルVALU事件の翌日、8月16日は

インターネット上はヒカル炎上祭りとなってしまいました。
  

ご意見番YouTuberのシバターさん


シバターさんはヒカルさんの事件に対して、
「詐欺師」
「情報商材屋さんだった時の悪い癖」
などと痛烈に批判する4:47秒の動画を配信しました。

この中でシバターさんはヒカルさんが過去、情報商材を販売していたことに触れ、その時に人を騙すような売り方をしていたからそのくせが抜けきってないと語りました。
  

弁護士YouTuber久保田さん


今回のヒカルさんの行動やVAZの井川さんの行動が金融商品取引法166条(インサイダー取引)違反に該当するのかを検討しました。

しかし、久保田弁護士の見解では今回の行為は金融商品取引法166条(インサイダー取引)違反に該当する上場企業の案件にはあたらない、

ということでインサイダーには当たらないという見解でした。
  

ただし、詐欺罪に成立するかということろでは久保田弁護士の見解では

今回のヒカルさんの行為は詐欺罪に該当する可能性があるという見解を示しました。

今回の場合、ヒカルさんのVALU全放出の直前にTwitterで優待をつけるというような発言をしていたにもかかわらず、

多くのVALUERがヒカルさんのVAを買ったあとに優待を付けないと発言しました。この行為は相手を欺く行為で

優待の有無でヒカルさんの株価はまったく違うため、投資家に錯誤を起こさせ、詐欺罪の成立可能性があるという見解でした。

  
ヒカルVALU事件の詳細は下記記事をご参照ください。
記事①:ヒカルがVALUで自身VAを大量放出ww 48036VA 持ち株ほぼすべてを売りにだすw
記事②:【YouTuber事件簿】ヒカルVALU事件、総額9.5億の持ちVAを全放出!
記事③:【Youtuber炎上・不祥事】インサイダー疑惑?ヒカルさんのVALUが「規約違反の可能性」と赤帯になってしまう。
  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする