イーサリアムの分岐から紐解く「ビットキャッシュ」のこれから

ビットコインキャッシュが誕生して、明日でちょうど1週間が経ちます。

一番みなさんが気にしているのがビットコインキャッシュはこれからどういう価格形成をしていくのか?ということかと思います。

今回は過去にハードフォークで分裂したイーサリアムを事例に取ってこれからのビットコインキャッシュの価格形成を予測してみたいと思います。

筆者おすすめのビットフライヤー!下のバナーから5分でbitFlyer申し込みができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

投資は自己判断でお願いします。当ブログは一切の責任を負いかねます。

イーサリアムのハードフォーク

約1年前。イーサリアムはハードフォークによって、イーサリアムとイーサリアムクラシックという2つの仮想通貨にわかれました。

それは今回のビットコインの分裂と同じです。当時の価格相場は1ETCが1500円程度で、1ETCが300円程度でした。

仮想通貨の価格はその通貨を扱う取引所の数と通貨を採掘するマイナーの数で決まりますので、イーサリアムの方が両方とも多くイーサリアムの方が価格が高くなったのでした。

分岐から1ヶ月〜2ヶ月は価格が乱高下

イーサリアムはハードフォークによって価格を2分の1に下げるという見方がありましたが、今回のビットコインと同じく、半分にはならず、

1ヶ月〜2ヶ月の間のイーサリアム相場は乱高下しました。一方でイーサリアムクラシックは、分岐直後に値段をあげましたが、それから先は価格を急落させてイーサリアムの半分以下で一旦、落ち着きました。

2017年春以降イーサリアムが高騰

2017年の春に動きがありました。仮想通貨に対して、世間の理解が広がったことで取引所の取扱高が急上昇したのでした。

それに引っ張られて相場価格をあげたのがイーサリアムでした。数千円で取引されていたイーサリアムは一時1ETH=6万円程度まで価格をあげました。

2016年のイーサリアム分岐時にイーサリアムを所有していた人たちにとっては価格が10倍以上に伸びたことになるのですごいことですよね。

一方イーサリアムクラシックも仮想通貨ブームに乗って、価格をあげ、現在では2016年のイーサリアムの価格に匹敵する1ETC=1,803円(ビットフライヤー取引価格参考)まで

価格をあげました。

筆者おすすめのビットフライヤー!下のバナーから5分でbitFlyer申し込みができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

投資は自己判断でお願いします。当ブログは一切の責任を負いかねます。




ビットコインとビットコインキャッシュも将来的には両方価格をあげる可能性

つまり、イーサリアム分岐の先行事例をみることでいえるのは、今後ビットコインとビットコインキャッシュもイーサリアムの事例と同じような道をたどることができれば1年〜2年のスパンで価格をあげる可能性があるということです。

参考までにビットコインキャッシュが誕生した後の相場価格の推移はイーサリアムクラシックの相場価格に似ています。5万円で取り引きがはじまったビットコインキャッシュは、数時間で10万円ほどまで価格をあげ、その後は乱高下。現在は1BCHが2万円程度で取引されています。

ビットコインキャッシュをどう捉えるかが問題になってきますが、長期的に安定して相場をあげると考えれば今が買いなようです。

ちなみにビットコインやイーサリアムを含む暗号通貨の価格はさきも触れたように、その通貨の採掘をするマイナーと呼ばれる人たちの数と、取引所の数で決まると言われています。

現在のところビットコインキャッシュのマイナーとして名乗りをあげているのは、viaBTCというマイナー企業が1社あり、取引所の数は22社にのぼっています。

現在のところビットコインキャッシュを取り巻く状況はまだまだ良いとは言えませんが、他のアルトコインと比べるとビットコインから派生しただけあって悪くはありません。

【筆者が使っているビットコイン取引所】
名称:ビットフライヤー

特徴:
・日本最大級のビットコイン取引所
・ビットコインの取引手数料無料
・アカウント開設はメールアドレスだけ
・コイン送金に10分待たされない


筆者おすすめのビットフライヤー!下のバナーから5分でbitFlyer申し込みができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

投資は自己判断でお願いします。当ブログは一切の責任を負いかねます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする