ビットコインキャッシュの誕生が濃厚!?8月1日にビットコインが分裂する

ビットコインの取引量の増加に伴い、ビットコイン取引の時間がかかることが問題視されていたことを背景に

ビットコインの分裂問題が発生しました。ビットコインの分裂とは既存のビットコインとビットコインから分裂して新たなコインとして誕生するビットコインキャッシュの2種類の通貨への分岐のことを意味します。

当初はビットコインはセグウェイと呼ばれるマイナーアップデートのみでビットコインキャッシュは誕生しないという見方が濃厚でしたが、

ビットコインキャッシュへの分裂を推進する団体は依然として8月1日のビットコインキャッシュの誕生を予定していると発言していました。

ビットコイン取引所大手のビットフライヤーの加納代表は「ビットコインキャッシュの分裂リスクは低い」と明言していましたが、

7月31日になって急遽、ビットフライヤーのビットコイン所有者に向けたお知らせが更新されました。その内容は下記のとおりです。

8 月 1 日に起こる可能性のある(Bitcoin Cash による)ビットコインのブロックチェ
ーン分岐に向けた対応(7 月 27 日更新、7 月 28 日追記、7 月 31 日追記・更新)

8 月 1 日に Bitcoin Cash による分岐(以下 BCC 分岐)が予定されています。7 月 19
日に発表した内容について更新*1 いたしましたのでお知らせします。
・ お客様の資産は守られます。8 月 1 日の BCC 分岐が恒久的であると当社が判断した
場合、お客様はビットコイン、及び Bitcoin Cash 両方の資産を持つことになります。
・ 当社は、分岐前にお客様の bitFlyer アカウントで保有されていたビットコイン現物の
数量と同量の Bitcoin Cash をお客様に付与します。*2

・ 当社は近日中に BCC 売買サービスの提供を行います。(7 月 31 日追記)

・ 当社は BCC 分岐を機に発生する可能性のあるリプレイアタックに向けた対策*3を行
います。BCC 分岐前にリプレイアタック対策が可能な取引所にビットコインを預けて
いただくことがお客様の資産保護の観点から最も安全と考えております。

ビットフライヤーのお知らせでユーザーが驚いたのが「当社は近日中に BCC 売買サービスの提供を行います。(7 月 31 日追記)」という一文です。

つまり、ビットコイン大手取引所のビットフライヤーがビットコインキャッシュの誕生の可能性を認めたことになります。

これにより、一時ビットコインの価格は2万円程度の乱高下をみせました。

現在は1BTCが31万円程度で推移しています。明日、8月1日の夜になるまでは本当にビットコインキャッシュが誕生するかどうかはわかりません。

しかし、ビットコインが分裂する可能性が低いとはいえない状況になってきているようです。明日のビットコイン相場は大荒れ必死でしょうね。。

【筆者が使っているビットコイン取引所】
名称:ビットフライヤー

特徴:
・日本最大級のビットコイン取引所
・ビットコインの取引手数料無料
・アカウント開設はメールアドレスだけ
・コイン送金に10分待たされない


下のバナーから5分でbitFlyer申し込みができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

投資は自己判断でお願いします。当ブログは一切の責任をおいかねます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする