ジャスティン・ビーバーが男性を車ではねる

ジャスティン ビーバー

ジャスティン・ビーバー男性はねる

アメリカの人気歌手ジャスティン・ビーバーさんがパパラッチの男性を車ではねていたことがわかりました。男性は命に別状はないということです。インターネットの声ではジャスティン・ビーバーに同情するコメントが多く寄せられました。アメリカといえばパパラッチが行き過ぎた取材をすることで有名で今回もジャスティン・ビーバーの車が発進するまえにパパラッチの男性が立ちはだかりひかれたということでどちらかというと男性側が悪いような事案です。
  

事件の概要

事故が起きたのは7月26日でイベント会場から出ようとしたジャスティン・ビーバーさんのトラックに大勢のカメラマンが群がり、そのうちの1人がジャスティン・ビーバーさんの運転するトラックにはねられたといいます。

ジャスティン・ビーバーさんははねた男性を介抱して、そのあと警察の事情聴取や事件についての証言などにも協力していました。

はねられたのは57歳の男性で命に別状はなく、軽症で近くの病院に運ばれたということです。
  

ネットの反応

ネットではジャスティン・ビーバーに同情するコメントで溢れていました。




あまり厳罰を求めないでほしいと思う。
情状酌量の余地がありすぎ。
てかパパラッチは違法行為も厭わないからね。
やりすぎるとこうなるってのを分からせないと。

動画見ましたが、これはパパラッチのほうも過失がある
車が出るのわかってるのにいつまでも車の前にいたんじゃ・・・

映像を見たけど左ハンドルで右折しようとしたところを轢いてしまった模様。
車も大きいし囲まれてたから本当に見えてなかったのかもな。本当に轢く気満々ならそのまま行ってしまうだろうけどちゃんと介抱もしていたから轢く気はなかったと考えた。

いやいや動画見ました?明らかにパパラッチが悪かったでしょう。はねる、というより、ぶつかるように立ってた人にあたってしまった、という感じでしたよ?私はこの人好きではないけど、このことに関しては気の毒に思いました。

パパラッチが悪いだろ。無理しなきゃ車動かせないほどアリのようにむらがってくる連中。今までこういう事故があまり聞こえてこないのが不思議なくらいだもの。

パパラッチが対象者の車と接触なんて、業務上のリスク許容範囲。
相手の嫌がるプライベートも容赦なくメディアに売るような仕事なんだから
引かれたくらいで訴訟なんてやめてくれよ。

どんな状況かわからないけど、パパラッチがしつこく追い回して勝手に巻き込まれた事故?と推測します。
運転した本人の不注意もあるかもしれないけど、接触するほど車の近くに居るってどうなんかな?

最近、問題を抱えているジャスティン・ビーバーさんですが、悪いことが続きますね。人気歌手なだけにパパラッチも多いのですがアメリカのパパラッチ事情もどうなのか。と考えさせられてしまいますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする