ビットバンクがセレスから8.5億円の資金調達に成功!

ビットコイン取引所「bitbank.cc」やブロックチェーン関連のニュースメディア「BTC ニュース」を運営するビットバンクは12日、ポイントサイト運営大手のセレス(東証:3696)と資本業務提携を行ったことを明らかにした。ビットバンクが調達した資金は8.5億円。

この提携により、両社はスマートフォン顧客への新たな仮想通貨サービスの提供を通じ、仮想通貨・ブロックチェーン技術を活用したトークン・エコノミー(非現金決済社会)の実現に向けて共同で事業展開していくとしている。

セレスは2015年12月にも、スマートフォン向けポイントサイト「モッピー」とビットコインとの交換を可能にするため、ビットバンクに対して出資しており、この際はセレスの株価がストップ高を記録している(この際の出資額は明らかになっていない)。

今回の出資を受けて、セレスはビットバンク CEO 廣末紀之氏に次ぐ二位株主(29.9%)となり、ビットバンクはセレスの持分法適用会社となる。また、セレス代表取締役社長の都木聡氏が、ビットバンクの取締役に就任する予定だ。

セレスはこれまでに、bitFlyer、Coincheck、Orb などビットコインやブロックチェーン関連のスタートアップに対して、積極的に投資を行なっている。

ビットバンク代表取締役である廣末紀之氏とセレス代表取締役の都木聡氏とは、同じ野村證券の出身であり、廣末氏が GMO インターネットの常務取締役、都木氏がサイバーエージェントの社長室長を経験するなど共に似た経歴の持ち主だ。廣末氏によれば、インターネットや金融業界を経験してきたことからも、互いに事業に対する思想が近く今回の調達に至ったのだという。

廣末氏は THE BRIDGE の取材に対し、ビットコイン取引所なども運営しながら、仮想通貨の機能を多面的に引き出すべく、マイクロファイナンスや個人のための資金調達手段の提供などにも積極的に挑戦していきたいと語ってくれた。

【筆者が使っているビットコイン取引所】
名称:ビットフライヤー

特徴:
・日本最大級のビットコイン取引所
・ビットコインの取引手数料無料
・アカウント開設はメールアドレスだけ
・コイン送金に10分待たされない


下のバナーから5分でbitFlyer申し込みができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

CATANAインサイト

昨今、ビットフライヤーを筆頭とするビットコイン取引所への投資が加速しているようです。

日本政府もビットコインの信頼性や革新性、堅牢性などを認めつつあり、2017年には法改正によりビットコインへの消費税の課税が撤廃されることに鳴りました。

ビットコインをはじめとする暗号通貨・ブロックチェーン技術による通貨は本当に「通貨」として認められつつあるといえるでしょう。

そんななかでの上場会社セレスがビットバンクへ出資したことは大きな意義を持ってくると思います。ビットバンクも手に入れた現金を元手にビジネスを拡大していくことで暗号通貨・ブロックチェーンの普及をさらに拡大して盛り上げてくれることを祈っています。

ビットコインをはじめとする暗号通貨は波がはげしい相場で現在は投資筋の買い注文が多いので不安定ですが、数年以内に実用的な通貨として社会インフラの一部となっていくことでしょう。

筆者はビットコイン預金と銘打ち、今持っている日本円の預金の半分をできるだけ安いタイミングで暗号通貨に換金しています。

現在のところ、ビットコイン・アルトコイン・ライトコインへの両替をしているところで3ヶ月以内に20万円〜50万円の暗号通貨を購入する予定です。現在ビットコインを始めとする各種通貨が下落基調にあり、買いのチャンスがきています。筆者はビットフライヤーを使ってイーサリアムとライトコインを中心に様子を見ながら買いましています。

【筆者が使っているビットコイン取引所】
名称:ビットフライヤー

特徴:
・日本最大級のビットコイン取引所
・ビットコインの取引手数料無料
・アカウント開設はメールアドレスだけ
・コイン送金に10分待たされない


下のバナーから5分でbitFlyer申し込みができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする