中国映画にウルトラマン! 円谷プロ激怒!wwwww

スクリーンショット 2017 07 15 17 08 07

中国で発表された3DCGアニメ映画「ドラゴンフォース(原題:鋼鐵飛龍)」にウルトラマンがゲスト出演するというトレーラー映像が公開され、「円谷プロダクションの許可を得ていないのでは?」と物議をかもしています。

7月10日のウルトラマンの日に中国で発表されたのが「ドラゴンフォース~さようならウルトラマン~(原題:鋼鐵飛龍之再見奧特曼)」です。この作品には「ドラゴンフォース」は、「時空警察ヴェッカー」シリーズなどを手掛け、中国でも活躍する日本のクリエイター・畑澤和也さんが総監督原案を担当した3DCG映画で、2013年には日本でも作品が公開されました。

問題はこの二作目にありました。そこには3DCG映像でどう見てもウルトラマンなキャラが登場しているのです。そのフォルムはウルトラマンそのままですが、腹筋がシックスパックに割れていたり、顎がしゃくれていたりしてオリジナルデザインとは違うものなので、中国版ウルトラマンといえるような粗末なものでした、このウルトラマンはウルトラマンコンテンツを手がける円谷プロが一切許可をしてないということで、円谷プロの広報は「本件映像作品やウルトラマンキャラクターの利用等について、弊社としては一切関知しておらず、許諾・監修等を実施したものではありません」と回答しました。

円谷プロはこの中国映画に登場したウルトラマンのニセモノキャラに大激怒しているらしく、「権利者としてしかるべき対応をとってまいります」としつつも、これまでの訴訟の経緯が関係しているかについては、「法律的な見解を含め、詳細については今後の対応に関わりますので現時点でのコメントは控えさせていただきたく存じます」と法廷にも出ていく覚悟を示しています。

しかし、このウルトラマン、オリジナルデザインとかけ離れた不細工なデザインのため、ネット上では酷評の嵐wwww

「海賊版」「無許可ウルトラマン」「パロディだとしてもクオリティが低すぎる」というようなネット民の怒りを買っています。円谷プロだけでなく、視聴者の怒りも買ってしまったらもう終わりですねww

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする