禁煙して2年間でわかった10のコト【メリット・効果】

禁煙

もともとミドルスモーカーだった僕。20歳の時からタバコを吸いはじめ、1日の喫煙本数は10本程度でしたが、依存度が高く、起きている時は1時間〜2時間で1本はタバコを吸わないとたまらなくなってしまう体質でした。ご飯のあとは必ず食後の一服、飛行機なんて乗った日には機内でタバコを吸いたくてしょうがなくなるなど、喫煙している時には「俺はタバコはやめられないなw」と思っていましたが、禁煙してからあっとういう間に2年間が経過していました。

今日はそんな僕がタバコを禁煙してみてわかった10のことを書いていこうと思います。
  

「焼き肉と酒とタバコが最高にうまい」は幻想

喫煙者だったときに思ってたことです。焼き肉を食べながらお酒を飲んで気持ちよくなったときに吸うタバコがなんとまあうまいこと、うまいこと。「これを知らない人は人生を損している」くらいにまで思っていましたw でもタバコをやめてみてわかったのはそれは完全に幻想だということです。むしろタバコを辞めて亜鉛サプリで味覚を整えて食べる焼き肉のおいしいこと、おいしいこと。焼き肉+酒+タバコで感じる旨さの300倍はおいしいですよ。

  

ニコチネルパッチ最強説

タバコを100%自力でやめようとしていたときには「禁煙は無理だ−」と思っていたのですが、ニコチネルパッチを使うことでいとも簡単に禁煙に成功できました。パッチを貼るとニコチン依存症だった僕でもタバコが吸いたくなくなりました。一日中吸わなくても楽勝でした。そして、だんだんとパッチのニコチン量を減らしていって最後は貼らなくても大丈夫になります。ただ、パッチを卒業してから3ヶ月くらいはご飯を食べた後や喫煙者の近くにいくとタバコが吸いたくなってましたねwww

  

タバコはマジくせえ

タバコを吸っている時にはタバコの匂いっておいしく感じますよね!禁煙に成功してからも実はタバコのにおいは「おいしそう!」と感じる期間が半年くらいあります。しかし、2年も経つとタバコを吸っている方がいると「マジでくせえ」、「服に匂いがついちゃう」と思うようになって「あ、あんなに好きだったタバコを完全に断てているwww」と気づいてすごく不思議な感じになります。
  

肺活量が上がる

禁煙したばかりの頃はとにかく、暇な時間を作らないことが「禁煙成功への近道」です。手持ち無沙汰になるとタバコでも・・・ってなりますからねw僕は禁煙と同時にはじめたのがランニング!ランニングをしている時は本当に気持ちよく、タバコのことなど忘れてしまうのです。そして禁煙+ランニングを僕がおすすめする理由がありまして。それは禁煙期間が長くなるほど、心肺機能があがりランニングの成績がよくなるから「やっていて楽しい」のです!もちろんトレーニングによる効果も大きいんですが、タバコをやめて期間がたつにつれ、肺の機能が戻ってくるので「タバコはランニングのために良くない」となり禁煙に成功しやすくなるのです。
  

ご飯がおいしい

焼き肉の話に近いのですが、とにかくご飯が美味しくなります!タバコを吸っている時は味覚がおかしくなっていてまともに味を感じません。なので、知らず知らずのうちに味が濃くて体に良くないモノもたくさん摂ってしまっています。でも禁煙すると素材の味がわかるようになります。食べ物の本当のおいしさを知ればタバコをもう一度吸いたいとは思いません。
  

お金が浮くww

タバコはなにげにお金がかかっていました。僕の場合は440円のKOOLを月に15箱くらい買っていたので6600円。年間にすれば7万円を越えるお金を出費していました。健康を悪くして、お金を使うなんて今では信じられません。タバコをやめればそのお金で出かけたり、サプリメントを買うことができ健康的になります。人生100年の現代社会で健康寿命を縮めること自体がナンセンスです。ちなみに僕はタバコで浮いたお金で有名なNOWのサプリメントを買うようになり、それから体の調子がすこぶる良いです!(運動をはじめたこともありますが)

  

時間が節約できる

タバコを吸っていた時は煙草休憩で1日1時間は損してました。しかもタバコミュニケーションという言葉に甘んじて無駄話で喫煙者とだべっている。「正直、あの時間でブログ記事1本でもあげてれば生産的だった」とガチで思います。タバコやめてブログでもはじめませんか?
  

集中力が増す

正直、自分の集中力がこんなに高いなんて知りませんでした。就職したときにはすでにタバコを吸っていたので、「仕事の集中はもって1時間」と思っていましたが、それは「ニコチンが切れるのが大体1時間」の間違いだったことに気が付きます。今では集中していると3時間以上、仕事に没頭できます。仕事の生産性や質ははんぱなく上がります。しかし、1つだけデメリットもあって「がんばりすぎて体に負担がかかることもある」ということ。タバコ休憩はいらないですが、休憩は必要なので、僕は水を多めに飲むことで意図的にトイレ休憩を増やして体を定期的に休めることにしています。水分を多く摂ると尿道結石、脱水症状などを防げ、健康にもよいです。
  

タバコミュニケーションがなくても仕事はできる!

タバコ吸っている人の言い訳で多いのが、「いや、とはいえタバコ仲間でのコミュニケーションが大事なんだよ」それウソですからwwwwwwタバコを吸わなくなってからの方が僕は年収が上がっていますし、世界の富裕層の喫煙率を調べると圧倒的に少ないのです。タバコで仕事のコミュニケーションしなくても仕事はできるので安心してやめてください。
  

女の子にモテる

知り合ったばかりの女の子に聞かれるのは「タバコ吸いますか?」喫煙者のときは「たまに吸います」みたいな感じで返して「そうですか」と言う感じでまあモテませんでしたが、タバコをやめてからは「タバコ!吸わないなんて素敵!」と女の子があきらかにいい顔をするようになります。そして、喫煙者の女の子のことも理解できてしまう喫煙経験者は「タバコがおいしい気持ちもわかる!」ということでさらにモテます。禁煙するだけでどんなタイプの女の子とも付き合えるようになるのです。

  

禁煙メリットまとめ

女にモテる。タバコやめような。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする