船越英一郎「松居一代と早く別れたい」離婚で財産分与を破棄

松居一代

松居一代と離婚調停中の船越英一郎が財産分与を放棄することがわかりました。船越英一郎サイドは松居一代と一刻も早くの離婚成立を望んでいるようです。

船越英一郎側が裁判所に提出した離婚調停申立書に財産を求めない記載があることがわかりました。

松居一代はブログやYouTube動画を通して、船越英一郎の「恐怖のノート」と名付けた1冊のノートに松居一代の財産を奪い取るというような内容が書かれていたと発表していましたがその内容の信憑性に疑問符がつくかたちになります。

離婚騒動では松居一代が船越英一郎の不倫を主張。ハワイのゴッドハンドと呼ばれるエステティシャンと船越英一郎に関係があるとしていました。さらに松居が動画で「ノートの中に、私の財産を女と一緒に奪い取ろうとしていることまで書いてありました」と主張していました。

しかし、今回の船越英一郎側の離婚調停申立書でその内容の真偽が問われることになりそうです。

さらに船越英一郎側の人の話では、「そもそも船越が松井との離婚を切り出したのは1年9ヶ月前。故・川島なお美さんが亡くなった直後に松居一代が過去に船越と川島なお美が恋愛関係にあったことを公の場で暴露して依頼、船越は大激怒、以降は離婚を申し出ていた」と言います。「船越さんは、別れるためならお金は一切いらないと言っている」ということです。

離婚事案に詳しい法律家の話では「財産分与を放棄するということは離婚を早く成立させたいという申立て者の意思の現れ」ということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする