禁煙最高記録2週間突破!タバコを吸わずにいられるコツ3つ

こんにちは!

最後にタバコを吸ったのが6月14日で今日は6月30日。

禁煙を始めて2週間が経ちました。禁煙期間。過去最高を記録しましたー!!!!

かれこれ禁煙するといって4ヶ月くらいが経つのですが10回以上挫折してついに2週間以上タバコを吸わなくても大丈夫なカラダになりましたー!

せっかくなので、どうしてタバコを吸わなくても大丈夫になったのか僕なりに分析してみたのでそれを共有します。

タバコを吸っている人が多いところに近づかない

僕が禁煙に失敗したタイミングを振り返ると”タバコを吸っている人が近くにいる”タイミングで喫煙を再開してしまったいることに気がつきました。タバコを吸っている人の近くにいくとタバコを吸いたくなるなら、タバコを吸っている人の近くにいかなければタバコを吸いたくならないのでは?100%そうではないのですが、この行動は禁煙をするのに効果大でした。

禁煙に失敗しても落ち込まない

精神論になりますが、この考え方はとても大切だと思っています。インターネット上の情報など見ると「1本でも吸ったら禁煙失敗です」みたいなことがたくさん書いてあります。なので、禁煙中に魔が差して1本吸ってしまった時に「ああ。禁煙失敗した・・・もう終わりだ」と思いがちなのですが、これは違うと思います。むしろ「今までは毎日タバコを吸っていたのに3日間も吸わなかったぞ!じゃあ次は1週間トライしてみよう!」みたいなカジュアルな気持ちでまたトライしなおせばいいのです。禁煙に失敗する数に制限数なんてないのですから大いに失敗したらいい。その間も禁煙しないよりは喫煙本数は少なくなっているのであなたの健康は良くなるのですから。

喫煙の代わりに集中できる何かを見つける。

タバコ吸いてえな。と思うタイミングでわりと多いのが”ひまな時”です。ひまになって何もすることがない→タバコ吸いてえ、これは僕の習慣だったことも影響しているとは思うのですが同じような習慣をもっているひとは多いはず。なので、ひまな時間を作らない工夫が大事ですね。僕の場合は休日のひまな時間を作らない工夫と隙間時間を埋める工夫の2軸で行動しました。

休日の工夫

僕の場合は運動をはじめました。もともとランニングが好きだったのですが、今までに増して走るようになりました。RuntasticというiPhoneアプリを使って走った距離と速度を計測して、自分の中でその記録を毎回塗り替えてやるという気概で取り組んでいました。運動のいいところは禁煙効果を実感できること。ランニングは特にわかりやすくて肺活量が改善されると記録は目に見えてのびるのでそれが楽しく禁煙するモチベーションにつながりました。あと副産物として禁煙すると食べ物が美味しく感じられるので太る人がいるそうです。僕も食べ物が美味しく感じられて今までより食欲が増したのですが、運動してたおかげで今の所太ってません。

隙間時間の工夫

休日はひたすら自分の好きなことにうちこんでいればいいのですが、仕事をしているときに不意に来る一服しますか的な休憩タイム。仕事ひと段落して10分空いたなというタイミングでこれまたタバコが吸いたくなるのです。そんなときに私はiPhoneアプリのゲームをしました。IT業界に勤めているとわかるのですが、スマホアプリのゲームって実は現代人のライフスタイルに合わせて作ってあり、すべてではないのですが、隙間時間で楽しめるゲームアプリが存在します。僕はTap titansというゲームアプリをプレイしました。かれこれ4ヶ月ハマってまして、最近では世界中の何百人と競い合うランキングでベスト20に入るくらい強くなってしまいました。(周りからはなぜかいきなりスマホゲームにのめり込んだやつとおもわれていますがそんなことは気にしません)

禁煙するコツを列挙していきましたがどうでしたでしょうか?

僕は今のところ上記の工夫で2週間以上禁煙することに成功しています。ここからもゆる〜く禁煙していきたいと思います。絶対吸わないかはコミットしませんが記録は伸ばしていけるよう頑張ります!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする