松居一代と船越英一郎の離婚騒動を時系列でおってみたww

20160204j

松居一代さんと船越英一郎さんの離婚騒動を時系列でまとめてみました。松居一代「恐怖の告白」から全面戦争にいたるまでの経緯です。

松居一代「恐怖のノート」

松居一代さんがブログに投稿した「恐怖の告白」はブログ読者たちを震撼させました。そのブログの内容には1年以上の間、何者かに追われていることや船越英一郎が遺した「恐怖のノート」について語られていました。一時は死も考えた松居一代さんでしたが、「恐怖のノート」を世の中に公表するまでは死ねないとブログに書き綴りました。このあたりからネットでは「松居一代は統合失調症では?」という声があがり始めました。
  

松居一代「爪切り」

松居一代は連続でブログを更新します。その内容は銭湯で老婆の爪切りをしてあげようとするも爪切りでは切れない硬さでハサミで切ってあげたという内容、「いつも爪切りを常備」している松居一代さんらしいですが爪切り使ってへんやんww さらに文の結びでは「やはり爪切りは持ち歩くべきね」いやいや、ねえさん、せやから爪切り使ってはらなかったやないですか!www
  

松居一代のYouTube動画

そして、最終的にはブログで書ききれなくなったのか、松居一代さんはYouTube動画で船越英一郎さんの事を告発します。その内容は下記のとおりです。

・5月に松居一代さんは週刊文春の新谷編集長にアポをとり、取材を受ける
・6月に文春の記者と会い、記事全文を見せてほしいとたのんだが、拒否された
・松居一代はそれなら取材をこれ以上進めることはできないと言ったところ、記者が譲歩
・しかし、取材が終わったあとに文春の記者とは音信不通になり結局記事の内容は把握できなかった
・7月6日発売の文春でその内容が公開されてしまった。

つまり、松居一代さんは「週刊文春に裏切られた!」ということが動画で言いたかったようです。

船越英一郎の浮気相手

松居一代さんが主張する船越英一郎さんの浮気とは、まず前提として、
・船越英一郎さんが糖尿を患っていること
・にもかかわらず、2015年からバイアグラを服用している
とした上で、それが浮気の動かぬ証拠だとしました。

そして、さらに相手はなんと松居一代さんの友人で「ハワイのゴッドハンド」と言われているエステティシャンの成田美和さんであると発表してしまいました。

7月6日の文春

そして発売された、7月6日の週刊文春には松居一代の取材内容が事細かに記されており、船越英一郎さんとの離婚調停は「船越英一郎が謝るまで命がけでやる」という趣旨のことが書かれていました。松居一代さんは「最高裁」まで持っていくと言っていますが、法律に詳しい専門家の話では離婚調停が最高裁まで行くケースは稀で、憲法違反の人権侵害の事実があったときくらいだそうです。なので、「最高裁」は松居一代さんの強い意志の現れと捉えたほうがよさそうです。

松居一代と船越英一郎の離婚騒動。まだまだ泥沼化しそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする