北朝鮮ICBMの発射実験に成功と報道アメリカの同行に注目が集まる【北朝鮮ミサイル重大発表】

北朝鮮が7月4日午後3時(日本時間3時30分)に「特別重大報道」と称して国営テレビで発表を行いました。

発表の内容は7月4日午前に発射されたミサイルがICBM(大陸弾道間ミサイル)で発射実験は成功したというものでした。

最高高度は北朝鮮が過去に発射実験を行ったミサイルの中でも最も高く、高度2500キロメートル以上に達したということです。

韓国軍の合同参謀本部はミサイルが約930キロ飛行したと発表しました。日本の防衛省によると、約40分間飛行したといいいます。

ロフテッド軌道といって角度が高い軌道で打ち上げられたため40分間の飛行でしたが、飛行距離は930キロメートルでしたが、通常の軌道で発射されれば8000キロメートル級のミサイルに相当します。

いわゆるICBMです。このミサイルはアメリカを余裕で射程に収めることができるため長らく、アメリカが北朝鮮のミサイル発射実験を容認しているのはICBMの開発に成功するまでという声がありました。

もしも、ICBMの開発に成功した場合はアメリカ自国への攻撃リスクが高まるため、アメリカが北朝鮮を攻撃する可能性や金正恩の暗殺をほん核的に実行に移すという見方があります。

今日のトランプ氏の発言では、「日本や韓国がこれ以上、我慢するとは思えない」と日韓に対応をもとめ、さらには中国にも強硬姿勢を示すように発言しており、やや弱腰と批判されています。

アメリカが同行動するかではなく、日韓中に北朝鮮のICBMミサイルの対応を丸投げするような発言と捉えられているからです。

日米安全保障条約があるにもかかわらずトランプ大統領は日本からの米軍撤退などの発言も過去にしていたため、今後どのような方針で北朝鮮の脅威に挑んでいくのか。トランプ大統領の今後の発言やアメリカの発表に注目が集まります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする