女性がタクシー運転手にされた「恐怖の体験」

Www compressed 12 600x358

女性がタクシーに乗るとなめられてしまうのか。今日は実際にあったタクシー運転手にまつわる怖い話をご紹介しましょう。幽霊の類ではなく、本当に怖いのは人間。というような感じの内容になります。

お釣りがないからくずしてこい

深夜にタクシーに乗った女性。お会計をしようとするとお財布の中には1万円しか入っていませんでした。

1万円をタクシードライバーに出すと「こんなに大きなお金出すんじゃないよ!」と一喝されてしまい、コンビニにお金を崩すためだけに買い物に行く羽目に。

ガムを買ってすぐに出ましたが、コンビニに行くまでの料金もきっちり精算されてしまいました。(26歳女性)

トイレを借りたい

深夜にタクシーで自宅まで帰ると、精算が済んだあとにタクシードライバーの中年男性が「トイレを貸してくれませんか?」と言ってきました。時刻は深夜の2時さすがにそれは怖すぎるので、お断りしましたが、その夜はタクシー運転手に襲われる悪夢を見てしまいそれ以降タクシーに乗るのが怖くなってしまいました。(29歳女性)

クレームに逆ギレ

タクシー運転手が行き先を間違えたので大幅に遠回りする羽目になってしまい、時間も大幅にロス。これだったらタクシーに乗らなければよかったと思っていたら、謝りもせずドライバーはきっちり全額の料金を請求してこようとしたので口論になりました。クレームに逆ギレです。

埒が明かないのでタクシーのエコカードを取って出ようとしたら「なんでそれ持ってくんだよ!」と怒鳴られボールペンを投げつけられました。(23歳女性)

結構とんでもない話がたくさん出てくるのですね。タクシーに乗ったら安心と思う女性が多いと思うのですが、注意が必要かもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする