1日で3.6億円が現金化された「CASH」は違法だったのか?

CASH

「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュに変わる」と宣伝するスマートフォンアプリ「CASH」が話題を呼んでいる。6月28日のサービス開始と同時に「利用が殺到した」として、運営会社のBANK社は買い取りサービスを一時的に停止した。一方、ネット上では「このサービスは実質的に、お金を貸すサービスではないのか?」という疑問が、相次いで寄せられている。【BuzzFeed Japan / 渡辺一樹】

どんなアプリなのか?

アプリのユーザーは、売りたい品物のブランドやアイテム(時計・ジャケット・財布など)を選択する。そして、品物の写真を撮って送る。すると金額査定(最大2万円)がされ、OKするとお金が振り込まれる。

ユーザーは2カ月以内に、(1)品物を送るか、(2)お金を返す(キャンセル料15%が発生)か、どちらかを選べる。

本当に単なる買い取り?

この仕組みについて、利用規約では、BANK社が利用者から「目的物を買い取るサービス」と説明されている。

だが、CASHの仕組みには、ふつうの売買契約にはない条件がつけられている。

(1)2カ月以内なら、ユーザーが契約を解除できる。
(2)2カ月以内にユーザーが契約を解除した場合、ユーザーは返金に加えて、15%のキャンセル料を支払う。

これは、売買契約というには特異だ。一般の中古店なら、お金を支払った以上、いち早く品物を手に入れて売却したいはずだ。2カ月も待ったあげく、キャンセルも認めるとは……。

CASHをどう捉えるべきなのか。

「実質的には担保付きの貸金となるのではないか」と弁護士
吉井和明弁護士は、このサービスのような仕組みについて、「実質的には担保付きの貸金となるのではないか」と指摘する。

お金を貸す側には「返してもらえないリスク」がある。そのリスクを軽減するため、お金の代わりに価値のあるものを確保しておいて、返してもらえないときに代わりにもらうのが「担保」の仕組みだ。

「CASH」の仕組みは、裏返せば、次のようになる。

・ユーザーが品物の写真を送ると、お金が振り込まれる。
・ユーザーは契約成立後、2カ月以内に15%の金額とともに、CASHから振り込まれたお金を返金する。
・返金する代わりに、その品物を差し出すこともできる。

こう考えると、担保付きでお金を貸すことと、実質的には違いがないようにみえる。

吉井弁護士はこう指摘する。

「そもそも、中古品を流通させたいのに、肝心の品物をユーザーのもとにとどめておく必要はありません、これが単なる中古品の流通であるという言い訳自体が、相当不自然と思われます」

「また、UI(ユーザーインターフェース)が返金が前提とする形式をとっていれば、そのことからも、貸金のためのアプリであると考えられます」

実際、BANK社の光本勇介代表は、ウェブサイト「fashionsnap.com」上のインタビューで、「私たちがチャレンジしようとしているのは、あえて既存のフィールドを言うのであれば『消費者金融』なんです」と語り、CASHについて「あえて分かりやすく説明すると『現代版質屋』みたいな物です」と説明している。

さて、CASHが「消費者金融」だとすると、別の問題が出てくる。

まず、ひとつが「貸金業法」の問題だ。

吉井弁護士は指摘する。

「金銭の貸付けや、貸借の媒介を業とするためには、『貸金業者の登録』が必要です。無登録で貸金業を営むと、処罰されます」(10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金または併科)。

BANK社のサイトには、中古品を扱うための「古物営業法」上の許可表示はある。だが、貸金業登録の表示はない。

なぜ「未開」なのか?
そして、仮にキャンセル料が「利息」と判断された場合、さらに問題が出てくる。

「仮にキャンセル料が利息だとした場合、2カ月15%という金利。これは年90%もの高金利となります。前倒しして返金しても15%だとすると、さらに高金利になりますね」

「出資法は、高すぎる金利を禁止しています。事業としてお金を貸す場合、年20%を超える利息で契約すれば、処罰されます」(出資法5条、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金)。

吉井弁護士は次のように警鐘を鳴らしていた。

「利用規約上、形式的に売買契約の形をとっているから問題ないと思うのは、甘い考えです」

「誰も手を付けていない未開の地は、誰も気が付かなかった土地なのか、それとも、危険なので、誰も手を付けないのかをよく見極めなければいけません。その際には、専門家にも相談すべきではないかと思います」

スマホで撮影「即入金」の質屋アプリCASH、STORES.jp創業の光本氏が公開ーーノールック少額融資を可能にしたその方法とは

いやあ、久しぶりに狂ったサービスと出会った。何を書いてるのかよくわからない人もいるかもしれないが、できるだけ正確にお伝えするのでまずご一読頂きたい。

CASHはアイテム買取のアプリだ。手元にある商品を撮影してアプリから送信する。カテゴリなどの指定があるのでゴミはさすがにダメだが、まあフリマアプリで取引できるような商品だったら大体OKだ。送信が終わるまで1分とかからないだろう。

送信したらその場で査定額が出る。その額の下に「キャッシュにする」というボタンがあるのでそれをタップすればーーその金額が振り込まれる。以上だ。

ここまでの手順で飛ばしたのは個人認証だが、それもスマホの電話番号「のみ」だ。いわゆるSMS認証でそれだけ突破すれば男か女かすら分からなくても使える。

出金は銀行口座かコンビニ出金のいずれかを選べる。銀行口座を登録すれば午後3時までの取引であればもう入金されている。コンビニであれば、店頭にある端末で操作すれば所定の番号が発行されるので、それをレジに持っていけば現金を支払ってくれる。

もう少し詳しく説明しよう。

古物商と金融という質屋モデルをスマホ時代に再現

STORES.jpを創業した光本勇介氏がスタートアップさせたバンクは6月28日、質屋アプリ「CASH」を公開した。CASHはユーザーの商品をスマホで撮影して送付するだけで査定金額を即刻で入金してくれる。

対象となるアイテムはスマホやタブレット端末などのガジェットからアパレル全般でスタートし、今後、2次流通市場で流通できるアイテムへ随時拡大する予定。査定金額は0円から2万円まででそれ以上の価値がある場合も2万円の上限金額にて査定される。買い取られた商品は2カ月以内にCASHに送るか「返金するか」を選べる。返金する場合は撮影した商品を送る必要はないが一律15%の手数料がかかる。(28日17時追記:現金を受け取る場合、手数料として一律250円が必要になる。また、コンビニでの現金受取は上限が1万円で、受取時間は7時から22時までとなる)

取引の上限金額は2万円で、これを超える場合は取引を完了させないと次の取引は実施できない。アプリはiOS版が今日から利用可能でAndroid版は近日中のリリースとなる。利用は無料だ。

ーーさて、ここで改めてCASHを説明する上で知っておきたいのが質屋だ。質屋のビジネスモデルは2つある。買取を通じた古物流通とそれを担保とする融資だ。ここまでの説明でも分かる通り、CASHがやっていることは実質的に質屋に「似た」行為なのだが、光本氏の説明では少しだけ違う。

「やっていることはあくまで古物の流通です。なので古物商の免許(古物商許可)は持っていますが、貸金業や質屋業(質屋営業許可)などの免許は取得していません。15%の手数料は本来古物流通で得られるはずだった買取による機会損失を補填するためのキャンセル料として頂いています」(光本氏)。

なるほど、このモデルは大変アグレッシブだ。しかしここは流石に連続起業家、この分野に精通している法務・弁護士チームを結成し、法律的に問題ないレベルを突いてきたという。インスタントコマース「STORES.jp」を創業し数十万店舗に拡大、スタートトゥデイに売却するなどスマホ時代のコマースを手がけてきた光本氏ならではのアプローチと言えるだろう。

ーーでは、ここまで読んでみて何が凄いのかよく分からない方は実際にこの質屋アプリを使ってみてほしい。簡単だ。手元の商品を撮影してCASHに送るだけでいい。近くにコンビニがあればその場で査定された金額をレジで受け取れる。

いやいや、商品を売るつもりはないよ、というのも別に問題ない。その金額をCASHに返せばいいだけだ。ただしここで15%の手数料がかかるのでテストする人はその点だけご注意頂きたい。

分かるだろうか?

そう、査定をしていないのだ。しかも取られている個人情報は電話番号だけでこれでは与信もへったくれもない。最近ではみずほ銀行とソフトバンクが携帯番号等の個人情報で与信し、少額融資するサービスも発表されているが、光本氏曰く、それは現時点で実施していないという。

2万円までの「ノールック融資」を実現した方法

では冷静に考えて欲しい。何かが写った写真と電話番号だけで最大2万円をその場で振り込む行為を。もちろん何かカラクリがあるのだろうと思うかもしれないが、その内容はほぼ社会実験に近いものと言える。

これを実現したポイントは3つだ。1:2万円上限とブラックリスト、2:電話番号認証の意外な強さ、3:豊富な資金ーーこれに沿って光本氏に聞いた内容を整理してお伝えしよう。

2万円上限とブラックリスト

どうせ試す人がいるだろうから先に言おう。CASHは不正ができる。(但しこれは犯罪になる可能性がある)

送付した商品が写真撮影のものと違う場合や商品を送らずに返金もしない場合、またはそれに近いと判断される行為をした場合、CASH側はその電話番号に紐づくアカウントをブラックリストに追加する。つまり、その電話番号のユーザーはこのサービスを未来永劫使えない。そして上限金額は2万円だ。それ以降は取引を成立させない限り繰り返し使えない。

たった2万円で友人と会わなくなるタイプの人は、おそらく二度とこのサービスは使えなくなるだろう。

電話番号認証の意外な強さ

使えなくなる前提での不正行為(繰り返すが犯罪だ)はさておき、では電話番号を大量に用意したらどうだろうか?詳細は割愛するが、結論的には「2万円では割に合わない」が正解になる。

格安SIMなどであれば月額数百円で電話番号を発行してくれるが、それにはクレジットカードや身分証明書を用意する必要がある。光本氏の仮説では、最終的にそういった貧困ビジネスを手がける人たちは別の方法を狙うことになると予想していた。

豊富な資金

例えば1万円の資金をCASHがぽんぽん入金していったとしよう。古物流通させる買取商品が手元にやってくる、もしくは返金されるかは最大2カ月後だ。もちろん前述のような不正行為も一定数出てくるだろう。例えばそういう人が1000人いたら1000万円、1万人いたら1億円が必要になる。

光本氏は今回のプロジェクトでどれぐらいの資金を用意しているか、外部資金の投入などについて公にしていない。詳細な金額は非公開なものの、以前の事業売却で発生した資金が今回のプロジェクト投資に繋がっていることは当人も認めている。

今回のプロジェクトはおそらく数千万円の投資では効かないだろう。どれほどを用意しているか分からないが、おそらく数億円規模でこの新たな価値創造に突っ込む姿は素直に評価したい。

人生のショートカットを学ぶきっかけを大量に作りたい

光本氏はなぜこのようなサービス、マイクロレンディングを攻めたのだろうか?

「新しい事業を考える上で今年はレンディング元年だと考えてます。しかし周囲のスタートアップの多くはB(企業)向けです。私はC(一般消費者)向けがやりたかった。日本での消費者金融というのは実はあまり変化がありません。一方で厳然としたニーズがある。これを現代のものに合わせたい」。

日本の消費者金融はおおよそ平均貸付単価が50万円なのだそうだ。一方で今回のような数万円程度のレンジの少額金融は大手が手がけない。理由は単純、細かい与信情報をとって審査していたんではコストが合わないからだ。「メルカリの爆発で顕在化したお小遣いを稼ぎたいという、数千円から数万円の少額資金需要」(光本氏)をスマホ買取、与信抜きというアプローチで攻めた。

「堀江(貴文)さんがある雑誌のコラムで、1年間アルバイトしてMacを買ってデザイナーになりたいという読者の質問に対して、借金して今日からやった方がいいとアドバイスしているのを目にしたことがあったんですね。すぐにMacを手にいれて勉強すれば、腕が上がってもしかしたら半年ほどで働けるようになるかもしれない、と。これって人生のショートカットだし、できた時間を別のチャレンジに使える」(光本氏)。

消費者金融は以前のグレーゾーン金利の問題などから、良いイメージを持ってる人は多くないかもしれない。しかしこのエピソードにあるような言わば人生への「投資」には大きな意味がある。光本氏自身、学生時代にファッションをオークションサイトで流通させる小さな商売を経験することがその後のSTORES.jp創業に繋がった。

長寿命化や複業など、単一企業への就職だけで人生を考えることができない今だからこそ、お金との向き合い方や知識、経験については今後益々重要性が高まることが考えられる。「ミクロな単位での小さなきっかけを大量に生み出したい」という連続起業家の強烈なチャレンジが今、始まった。

CATANAインサイト

フィンテックと呼ばれ注目される昨今の金融とテクノロジーの融合されたサービス。

ビットコインしかり、VALUしかり、既存のリアルな世の中の金融システム、さらには社会構造も変えてしまうような画期的な仕組みが次々に生まれていますが、CASHもそのひとつです。

CASHが目をつけたのはキャッシングです。つまりお金を貸すという事業領域。通常であれば、銀行。銀行が受けきれないような少額融資や個人融資などは街金などがその役割を果たしていましたが、そこにメスを入れたのがCASHでした。

必要なのはケータイと担保にする商品だけ。スマホでCASHへの登録を済ませたら、あとは商品の画像を撮影して1分足らずでお金が振り込まれる。そのお金を返済すれば商品は手元に残したままで良いし、もし返せなければ商品をCASHへ郵送して譲渡しなければならない。シンプルにこれだけのサービスなのです。

いわゆる質屋のビジネスモデルに近いですね。古物商の領域に入ります。

画期的な理由は個人が必要なときにマイクロクレジットをスピーディーに調達できる仕組みを作り上げたことでした。

通常であればお金を借りるのには手間がかかります。しかし、インターネットとスマホを活用すれば一瞬で資金調達ができるようになるのです。

CASHのアイデアは画期的でしたが、1日にしてあまりに多くの商品が集まりすぎ、提供しなければならない資金が3,6億円と膨大になりすぎたため、サービスは初日で停止に追い込まれ現在復旧の見込みはありません。

法的にはグレーゾーンですが、認知度はバッチリ着きましたし、仕組みとしては今までになかった画期的な仕組みで世の中を変えるキッカケになる可能性が高いサービスだけあって、どうにかして問題をクリアしてCASHのサービスを継続してもらいたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする